甦った三菱一号館

e0036980_12284081.jpg
間近に迫ったWEDDING準備のため、更新がままならず…。
昨日はヘア&メイクリハーサルのため丸の内へ。その後、オープン初日を迎えた“丸の内ブリックスクエア”を覗きに。

丸の内ブリックスクエアでひときわ目を惹く「三菱一号館」。明治27年当時のままに甦らせたもの。
来年の4月から美術館としてオープンしますが、昨日より竣工記念展が開催されています。
建物内部だけでも一見の価値ありなので、また時間のあるときにゆっくりと見てまわるつもりです。

e0036980_12314463.jpg明治期に銀行の営業窓口として使われていたフロアがカフェに。
当時の雰囲気を肌で感じられる内装。コンクリートに覆われた現代の無機質さとは異なります。
大きな窓から見える緑の木々や、開放感あふれる吹き抜け、趣きのあるライトなどを眺めていると和みます。
ちょっとした都会のオアシス。

このカフェで頂いたのは「蒸し野菜プレート チキン添え」。
これが予想を上回る美味しさ!
今時のカフェとは違って、ホテル並みのシェフ、従業員を揃えている印象で、上質感あり。
値段もそこそこですし、合格点♪
[PR]
by marupuri23 | 2009-09-04 12:33 | 美術展 | Comments(0)