ベルカントの魅力

人生の大イベントを終えまして、ようやく日常が戻ってきました(^-^;)
ゆっくりと音楽を聴く余裕も出てきて、ホッとしています。

e0036980_010369.jpg今、目に留まって聴いているのは、ガランチャによるアルバム〈ベルカント〉。
「ベルカント=美しい声」とはよく言ったもの、この手(ベルカントオペラ)の音楽は、四の五の言わず、美声が与えてくれる快楽に身を委ねることが幸せ…。
ベルカントものを聴くのが久し振りでもあり、「ああ、綺麗だな…」と素直に感じます。
まず声ありき、オケは声に奉仕するために奏でるといったイメージですし、人間の声とは、こんなにも惹きつけられる美しさがあるのだと認識されられます。
ガランチャはモーツァルトとオッフェンバックで実際に聴いたことがありますが、ベルカントオペラもぴったり。
ロッシーニやベッリーニの男性役もビジュアル的に凛々しく、舞台映えすることでしょう。

このアルバムには、ドニゼッティのメジャーではない作品《カレの包囲》《ドム・セバスティアン、ポルトガルの王》もあり、選曲に一ひねりの印象(音楽的には「聴いたことあるような…」)。
《カレの包囲》第2幕の二重唱は、ソプラノとメゾによる美声の競演、これぞベルカントといった感。
アルバムで取り上げられている曲の中で、実際に舞台で観てみたいのは《マリア・ストゥアルダ》のエリザベス1世、ヒロインの敵役をどのようにきりっと演じてくれるかしらと、想像が膨らみます。
[PR]
by marupuri23 | 2009-10-10 23:52 | opera | Comments(0)