ENCADREMENT~アンカードルモン

e0036980_11591218.jpg
以前から習いたいと思っていた「アンカードルモン」=フランス額装。
体験レッスンは2年前に受けましたが、この4月から月2回アトリエレッスンに通うことに。

今日は緊張の第1回目レッスン。
「ビゾー・クラシック」という基本中の基本テクニックを2回に分けて学びます。
まず道具類、色紙カット用のギャバリー(45度の三角形)、マペットカッター(厚紙を45度の角度で切ることができる)、額装用コンパスを今回は使用。どれもすぐれもので、本当に便利!
カルトナージュで使用していたボーンのヘラは、ここでも活躍。

カルトナージュとの共通部分もありますが、アンカードルモンは作品を保存する目的から、糊や紙類は中性のものを使用します(カルトナージュの場合は酸性でもOK)。なるほど。
精密さを要求されるので、神経を使いますが、日本刺繍での細かさを思えば…(^^;)
楽しい♪

一緒にレッスンを始めた生徒さんも、イタリアのカルトナージュを習っているそうで、「共通点があるね」と会話が弾みました。イタリアは紙のみを使用し、紙の方に糊をつけていくとのこと。布よりも大変そう…。
こんな出会いも嬉しいもの。
次回作品が完成したら載せますね。


新年度を迎えて、怒涛の忙しさですが、これで思った以上に気分転換できました。
休日は仕事を忘れて、リフレッシュしなくちゃね(と言い訳)。
[PR]
by marupuri23 | 2010-04-10 23:55 | Encadrement | Comments(0)