夏時間の庭

e0036980_0544850.jpg
今日から6連休の夏休み。
とはいっても、10日前に勤務の都合で突然入れられてしまった連休。
相方もいることですので、予定を入れることは難しく…。今年は遠出はせず、のんびりと過ごすつもり。
家事に片付け整頓、試験勉強、ピアノ練習、日本刺繍の仕上げと、自宅でもやることはいろいろあるし…。

とはいえ、どこかへ出かけないと勿体無い気がして(^-^;)、じっとしていられない悪い癖…。
で、夏休み1日目はオルセー美術館展へ。
美術館に付いてみると、予想通り40分待ちの激混み状態。
これだけの作品がまとまってくることは、あまりないでしょうから、混んでいるのも分かります。
人波に揉まれながらも、お目当てのセザンヌに再会できて満足。

e0036980_8334613.jpg帰宅後はお土産のシードル片手にDVD「夏時間の庭」を鑑賞。

オルセー美術館の創立記念で製作された作品だけに、オルセー保有の美術作品群が次々と登場。

主人公が幼年時代を過ごした実家で、今も使われているマジョレルやホフマンの家具、ブラックモン(陶器は2年前の展覧会で見ましたが)のガラス花器、そしてさりげなく背景に映ったルドンの食童用装飾パネル!にびっくり。

オルセーを実際に訪れましたが、家具や工芸品を見た記憶が無いので、そのセクションを飛ばしてしまったんでしょう。当時15ユーロで購入したカタログを見ると、アール・ヌーヴォーのコレクションが充実しているのが分かります。勉強になりました…。

家具や工芸品は、やはり実際に生活の中で使われているときが、目的にかなって生き生きしていると思います。美術館に展示されることで、その美しさと歴史の流れが私たちに伝わってくることは、大変にありがたいことなのですが…。
[PR]
by marupuri23 | 2010-08-03 00:55 | 映画 | Comments(0)