Amor Oriental

e0036980_2231059.jpg
先日のマンダリン・オリエンタルの”オリエンタル”続きで…、
先週楽しめたCDが、『アモール・オリエンタル~ヘンデルとトルコの音楽』 。古楽器アンサンブルと、トルコの民族楽器グループが合体してヘンデルの演奏を繰り広げます。
これが大成功!トルコの民族楽器で奏でられる、エキソジックで魅惑的なヘンデル。

特に《ジューリオ・チェーザレ》の二重唱「涙するために生まれ」での、トルコ側の歌唱にうっとり。ベルカントで歌われるのとは違ったセクシーさ。
ヘンデルの曲は他《アルチーナ》《リナルド》と、もちろんイスラムもの。

曲の合間はトルコ音楽の即興で繋ぎ、中盤からはダンサブルなトルコの民族音楽と、ヘンデルの名アリアが交互に演奏され、ウキウキ、うっとり…と飽きさせません。
最後はイスラム詩篇の大合唱で幕。

このアルバムはライブ録音。コンサートがヨーロッパ各国で高く評価されたため、リリースされることになったそうですが、納得。
[PR]
by marupuri23 | 2011-10-08 21:29 | early music | Comments(0)