2012年 音楽鑑賞 振り返り

今年は2年に1回のピアノ発表会があり、ブラームスを2曲(6つの小品Op118より第1番、第2番)を演奏。ブラームスは私の音楽の故郷、一番愛着のある作曲家です。ブラームスを演奏できることが喜び。

今はベートーヴェンのソナタ1番。ベートーヴェンは《エリーゼのために》を子供時代に弾いて以来…。
ソナタを弾いてみて、「バッハを勉強してきて良かった」と実感。ベートーヴェンもバッハを学んできたのですし、実際に弾いてみるとやはり繋がっていることが分かります。これは嬉しい発見でした。
ですが先生からは、「ロマン派(ブラームス、ショパン)の弾き方が抜けていない。」とご指摘が。今までロマン派ばかりでしたので、弾き方を切り替えなければ。バッハ(バロック)とも違うんですよね…。

[今年聴いたコンサート]

1.東京文化会館 ニューイヤーコンサート2012
2.NYメトロポリタンオペラ ライブビューイング7作 ヘンデル、ヴィヴァルディ、ラモー《エンチャンテッド・アイランド 魔法の島》
3.アルカント・カルテット (バッハ、クルターク、シューベルト)
4.河村尚子 ピアノリサイタル (オール プロコフィエフ)
5.クン=ウー・パイク ピアノリサイタル (ベートーヴェン、ブラームス)
6.ウィーン・フォルクスオーパー 《メリー・ウィドウ》
7.シュツットガルト・バレエ団 《じゃじゃ馬慣らし》
8.ウィーン版ミュージカル エリザベート20周年記念コンサート
9.河村尚子&C.エルツェ 歌曲の森(シューベルト、ウェーベルン、ブラームス、プーランク、R・シュトラウス)
10.ジャン=ギアン・ケラスwithベルリン古楽アカデミー (ヴィヴァルディ、カルダーラ)
11.ベルリン古楽アカデミー  (J.S.バッハ、テレマン)

e0036980_23511249.jpg最も感慨深かったのが、ウィーン版ミュージカル《エリザベート20周年コンサート》。
初演からもう20年経ってしまったのですね。
私がこのミュージカルを知ったのは10年以上前、宝塚が初演した後でしょうか。
評判を聴き、舞台は一度も観たことが無かったのですが、ウィーンのオリジナルキャストのCDを聴いてみたところ、音楽はもちろんストーリーも素晴らしく、すっかりハマってしまいました。

死神(Der Tod)を、エリザベートの誘惑者として登場させ、物語を進展させていくという構想が斬新でした。エリザベートが自立する際に、高らかに歌いあげる《Ich gehoer nur mir》(私は私だけのもの)は、女性ならば皆共感できるのではないでしょうか。
悲劇のパプスブルク家皇妃を描いた、いわば「お国もの」のウィーンミュージカル、最高です。

今回のコンサートは、本場ウィーンでの《エリザベート》キャストで構成されたオリジナルプロダクション。久し振りに聴きましたが、初めての時と同様に、胸が締め付けられるほどの感動を覚えました。
今回は日本語に加えドイツ語でのアナウンスがあり、「では、《エリザベート》をお楽しみ下さい」と流れて開演。ちょっぴり、アン・デア・ウィーン劇場にいるような気分?になりました。こうした雰囲気作りも嬉しいものです。

現在は20周年を記念し、ウィーンのライムント劇場で上演中です。
e0036980_010117.jpg

[PR]
by marupuri23 | 2012-12-31 23:31 | コンサート | Comments(0)