平均律デビュー

e0036980_23304422.jpg
J.S.バッハのインヴェンション3声を5曲仕上げたところで、先生より「3声にも慣れてきたから、平均律クラヴィーア曲集1の3声ぐらいならOK」とお許しをいただき、やっとこさ憧れの平均律クラヴィーア曲集デビューを果たしました(^-^;)

3声ということで、2番のハ短調を練習中です。フーガとなると、インヴェンションより曲自体が長くなりますし、曲想もますます豊かになって、乗り乗りで弾けるのが楽しいです。よりバッハに浸るという感覚が強くなりました。プレリュードはひたすらハノンのようですが…(ハノンより素敵ですが)。

当然、1曲仕上げるのに時間もかかってきますが、コツコツとマイペースで、深めていければいいかなと。
バッハはまだまだこれから…、まだ弾きたい曲がたくさんあるというのは、幸せなことでもありますね。
[PR]
by marupuri23 | 2013-07-14 23:31 | piano | Comments(2)
Commented by miya at 2013-07-26 22:46 x
まるさんこんにちは。平均律デビューおめでとうございます♪
私は楽譜だけは持ってるのですがレッスンしたことはなくて。
素敵な曲多いですよね。そしてフーガは難しい~。

先日オルガンの発表会でした。
私は偶々今弾けるのがピエス・ドルグだったのでそれを弾いたのですが、
はじめと最後は正気だったのですが、真ん中の多声部のところが
意識が飛んでいて、わたしなにを弾いたのかしら状態です。
普段出さないような音量で弾くから余計に頭がくらくらです~。

今は次のレッスンの曲を考え中です。
ふ~しばらくバッハはいいかな…とか思ってたのに、
先生からプレリュードフーガとか何か大曲をしようと言われると、
やっぱり弾きたい曲がぞろぞろ。たしかにこれって幸せかもですね。
Commented by marupuri23 at 2013-07-30 22:53
miyaさん、いらっしゃいませ♪
コメントが遅くなってごめんなさい~。デビュー祝っていただきありがとうございます(^^;)
弾き甲斐があって充実感はありますが、やはり仕上げるのに時間がかかり、次の曲に進めるのはいつになることやら。

オルガンの発表会だったのですね!お疲れ様でした。
あれだけの大曲(時間も長いですよね)を弾きこなせるなんて、素晴らしいです。華やかで、まさにオルガンならではの曲だと思います。真ん中部分も素敵ですよね、聴きたかったです!
でも頭がクラクラしてしまうとは、音量を考えると大変な部分もありますね。

次のレッスン曲、迷い中ですか~。
バッハ以外の作曲家も視点が変わってまた新鮮かもしれませんね。イタリア、フランスのオルガン曲はまた違うのでしょうね…。
どれにしようかな、考えているときもまた楽しいですよね。

話は変わりますが、12月にオルガン奏者のギエルミさんが来日し、アンサンブルとソプラノ付きでイタリア・バロックの演奏会があると知りました。名古屋でもあるそうです。
都合がつけば聴きに行きたいと思っています。