ヨハネッテ・ゾマー&コンチェルト・ケルン

e0036980_053763.gif
先月のジャルスキー&ヴェニス・バロック・オーケストラに続き、今月はゾマー(ソプラノ)&コンチェルト・ケルンの公演へ。2か月続けてバロック・プロを味わえる幸せ。しかも好きなバッハとヘンデルという組み合わせ。
同年同国に生まれながら、方向性の全く異なる作曲家ですが、その違いも聴き比べて楽しむことができる、贅沢なプログラムでした。

今回の公演、ともかくオケの上手さに感心。今までCDでは聴いているものの、実際に聴くのは初めて。
シャープで引き締まった音の流れに、統一感もバツグン。これはコンサート・ミストレスである平崎さんの力によるところも大きいでしょう。エネルギッシュな演奏スタイルに、心奪われてしまいました。また、一人一人のプレーヤーの上手さも伝わってきました。チェロとコントラバスによるバッハの《結婚カンタータ》3曲目アリアの伴奏、駿馬が掛けていく描写の鮮やかなこと!
細かなバッハのフレーズも颯爽と弾きこなしていて、ハラハラすることなく聴くことができるのは凄い。
オケの通奏低音も見事。そして弱音の繊細さにうっとり。

前半は主にヘンデル。「劇場の人 ヘンデル」というところから、オペラアリアを中心にカンタータ導入部、そしてモテット。
ヘンデルの曲からは、いつもバロック絵画を連想させられます。例えばカラヴァッジオのような…。光と影のような静と動の対比、そして劇的な一瞬を切り取って鮮やかに表現する手腕は共通。
ルネサンスの調和から、バロックの劇的さへ、そして最終的にバロック的誇張の果てのような、カストラートの超然とした声によるオペラに行き着くのは、当然の帰結のようにも思えるのです。もちろんヘンデルのオペラでもカストラートは大活躍でしたが…。

ヘンデルで最も印象に残ったのは、オペラ《テセオ》からメデアのアリア「私は死ぬ、けれども復讐します」。これぞバロック・オペラの真骨頂のような激しい技巧的なアリア。しかもメデアは魔女ですし(^^;)
オケの伴奏が素晴らしかった!怒りの情念を切れ味鋭く表現していて、さすがと思わされました。

そしてバッハ《結婚カンタータ》。明るく和やか、門出を祝う幸福感が満ち満ちて、こちらも穏やかな恵みを感じることができました。
欲張っていえば、「教会の人 バッハ」ということなら世俗カンタータではなく、教会カンタータを、そしてヘンデルにも負けず劣らずの劇的表現の教会カンタータ(例えばチェンバロ協奏曲にもなっているBWV146《われらあまたの苦難を経て神の御国に入らん》とか…)だと、対比がよりくっきりとしたのではと思いますが、今回の編成では難しいですよね。
またの機会を楽しみにします♪
[PR]
by marupuri23 | 2014-05-31 00:06 | コンサート | Comments(0)