宝塚歌劇星組公演《太陽王~ル・ロワ・ソレイユ~》

e0036980_0481838.jpg
先日、ラモーやモンドンヴィルのグラン・モテを聴きましたが、なんだか今年はフランス・バロックづいているのでしょうか、先月は宝塚歌劇のミュージカル《太陽王~ル・ロワ・ソレイユ~》に。
太陽王と称されたルイ14世の生涯を描いたフランス・ミュージカルで、日本初上演。2005年の初演以来、フランスの最高興業記録を打ち立てた作品です。

ウィーン・ミュージカル《エリザベート》も宝塚歌劇で日本初演でしたが、宝塚バージョンとなったように、こちらもオリジナルから変更があるとは思います。ですが、なにしろダンス主体の作品、バレエ好きだった「太陽王」のイメージとマッチしています。それこそ太陽王が愛したコメディ・バレは今で言うミュージカルに近いものですし…。
太陽王を演じた柚希礼音さんのキレあるダンス、スタイリッシュで見惚れてしまいました。

狂言回しはモリエール。この辺りもツボでしょうか。リュリは出ませんが…。ルイ14世の女性遍歴を中心としてストーリーが進みます。ストーリー的には娯楽大作の王道ですね。第1幕のマリーとの悲恋は、ラシーヌを想い起こさせるもので、せつなさが。心に残りました。

インパクト大だったのは、道化役とも言えるムッシュー(太陽王の弟フィリップ)。女装を好み、アクセサリーで着飾っていたという話そのままの出で立ちにはうなりました…。紅ゆずるさんのコミカルな演技で、軽薄さを持ちながらも世の中を皮肉る姿が冴えてました。
e0036980_0483078.jpg
それにしても、観客の一体感は凄い!ミュージカルの幕が下りても、フィナーレのレビューが続き大喝采。たっぷりと宝塚を満喫した舞台でした。
[PR]
by marupuri23 | 2014-07-31 00:50 | コンサート | Comments(0)