ナショナル・ギャラリー 英国の至宝

e0036980_22332767.jpg
休日の午後、日頃の喧騒から離れて、ゆったりと心地よいひと時を過ごすのにはぴったりな映画。
時折、心地よい睡魔に襲われながらも、ワイズマン監督によるロンドン・ナショナル・ギャラリーのドキュメンタリーを楽しみました。3時間という長さによって、実際にこの美術館を訪れたような体験が可能です。

開館前の清掃業務から始まる冒頭シーン、観客のいない美術館。「観られる」ために飾られている世界的な名画たち。美術館というものが「観る人」あって成り立つものであるということが印象づけられます。
そして開館後の賑わい。絵と対峙する一人一人の観客の表情も様々。絵を検証する学者達、教授と学生の議論、好奇心いっぱいの子供たち。専門家によるギャラリートークは、それぞれ個性があり面白かった!絵の一般的な説明に留まらない視点で凄い。

そして美術館を支える裏方にも焦点が当てられます。修復作業や企画展に向けての打ち合わせ、運営予算会議まで映し出されており、これだけのマンパワーが投入されることで、「美の殿堂」が成り立っているのだと、鮮明に伝わってきました。

私が一番興味を惹かれたのが、絵画を一方的に「観せる」だけではなく、絵画を通じて広がる発想や体験までも提供しているところ。さらに豊潤な世界が広がっていきます、素晴らしい。
デッサンのワークショップや、絵画にインスピレーションを受けて企画されたコンサートやバレエ(しかもギャラリー内!)、詩作と朗読なども。
もちろん日本の美術館でもミニコンサートや、講演会を開催するところは多いですが、こうした視点をどんどん取り入れてほしいと思いました。
e0036980_22334829.jpg
…この美術館の、ティツィアーノ《バッコスとアリアドネー》が好き。
この絵を観ると、R・シュトラウスのオペラ《ナクソス島のアリアドネ》が想い浮かびます。とても音楽的な絵。
[PR]
by marupuri23 | 2015-02-06 22:35 | 映画 | Comments(0)