薬膳ランチ会&部活OB忘年会

今年は薬膳アドバイザーの資格をいただくことができたが、東洋医学の視点から「食」を学んで、自分が身を置いている環境に合わせた養生が大事なのだと実感した。自分が口にする食物について、意識が高まったのはもちろんだが、自分に足りないものが何か、少しは客観的に捉えられるようになったと思う。一番のポイントは、「薬膳は美味しい料理」ということである。実践まで行き着かないのが、つらいところ…(共働きにとって、毎日のご飯作りはそれなりに大変)。
e0036980_21582767.jpg
薬膳の実践例を学ぶことも兼ね、ランチ会へ。「冬の薬膳」のフルコースで、お腹一杯!
e0036980_21584555.jpg
百合根と地鶏のとろろ蒸し。百合根は乾燥の季節には効能の高い食材。百合根はホクホクして、本当に美味。
e0036980_21593849.jpg
黒米のバラちらし。黒米は大好きだけど、白米に混ぜて炊くことが多い。全部が黒米なんて初めて。もちもちして、お寿司でも全く違和感がない(どころか、とても美味しい)。
e0036980_2262317.jpg
デザートは里芋のムースに、ミカンと白きくらげのゼリー寄せ。
どれも優しいお味、上質なお料理を堪能できて幸せだ。

★次の日は毎年恒例の部活OB忘年会を後輩宅で。今年は肉祭りで、黒毛和牛のしゃぶしゃぶがメイン。しゃぶしゃぶといっても肉の厚さが…。数日分のお肉をいただいた感じ。年末年始は暴飲暴食に気を付けよう…。
e0036980_220890.jpg

[PR]
by marupuri23 | 2015-12-27 22:09 | 口福のとき | Comments(0)