都響 バーンスタイン:交響曲3番《カディッシュ》H28.3.24

バーンスタインによる死者のための祈り《カディッシュ》を聴いて、胸中は様々な想いで溢れているのに、それをどう表現してよいのか分からないでいる。何かを語ろうとしても、ホロコースト~人類最大の悪という現実、そして、なぜこれを見過ごしたのかという神への問いかけの前には、どんな言葉を連ねても、あまりにも軽薄にすぎるように思える。
しかし、これだけはーこの曲は、今、この時代にこそ、聴かれるべき音楽であることは間違いないー
音楽によって普遍的なメッセージを、人種と宗教を超えて平和と民主主義を願う人々へ、強く呼びかけることが可能なのだと、音楽の持つ力を改めて確信した。

語りのテキストはホロコーストを生き延びたサミュエル・ピサールが独自に付けたもの。もともと、バーンスタインがピサールにテキストを依頼していたのだが、「ホロコーストのオペラ化など、考えられない」と辞退していたそうだ。
しかし、9.11の同時多発テロの衝撃を受け、過去の悲劇を繰り返さないという強い信念に基づき、ピサールが改めて語りのテキストを付けたものを、今回インバル指揮、東京都交響楽団および語りと独唱ソプラノ、合唱付きという壮大な演奏で聴くことができた。気迫に溢れた演奏で、まさに名演であった。

ピサールは率直な言葉で、自分の体験した、あまりにも壮絶な記憶からくる神への問いかけ、葛藤を語っていく。ストレートな言葉だけに、胸をえぐられるような苦しみが伝わる。
そして、自分が救われたという奇蹟(自分だけが生き延びたという罪悪感も描かれる)を語り、最後は神への信仰を「新しい約束を!アーメン!」という希望を託す叫びで曲を終える。
もっともっと、この曲が演奏され、平和への連帯を生み出す一つの絆となることを、強く望まずにはいられない。
(この想いのこもったテキストを、記録として残しておきたいが、プログラムには掲載されていないので残念)
[PR]
by marupuri23 | 2016-03-25 00:15 | コンサート | Comments(0)