サンスーシ宮殿にて

 先日、ベルリン古楽アカデミーの演奏で聴いたC.P.Eバッハ《オーボエ協奏曲》は、フリードリヒ大王の宮廷楽師時代に作曲されたもの。大王の好みも反映されているのだろう、優雅で華やか。宮廷の雰囲気と呼応している。
 画家メンツェルによる「サンスーシ宮殿におけるフルート・コンサート」(大王がフルートを演奏している)がよく知られているので、ベルリン時代の曲を聴くと、その画とサンスーシ宮殿がセットで脳裏に蘇ってくる。
e0036980_0133722.jpg
 昨年サンスーシ宮殿を訪れた際には、まさにロココ全開で腰が抜けてしまったが(^^;)、出口にあったのはフリードリヒ大王の肖像画。ん?なんだかウォーホルみたい??と思ったら、まさにそう…。ロココからいきなり現代に。でも違和感の無いこの感覚、好き。ピンクが効いてる(宮殿内もピンクやら黄色やら…)。
 ウォーホルの作品は、ベルリンのハンブルク駅現代博物館にコレクションがあり、たくさん観た。有名な作品しか知らなかったけれど、他にも洒落てセンスの良い作品がたくさんあるんだな、と。
e0036980_014427.jpg

[PR]
by marupuri23 | 2016-06-27 00:21 | 北ドイツへの旅 2015 | Comments(0)