残暑お見舞い

e0036980_20554852.jpg
 暦の上では秋を迎えたものの、厳しい暑さが続き、夏バテに要注意の日々だ。夏休みは9月に取る予定なので、今はその分しっかりと働いている。音楽ライブ等々の鑑賞生活も、ここ一か月遠ざかっており、ブログとともに夏休みということで…。
 秋のコンサートシーズンには、また新鮮な気持ちで音楽に向き合えそうだ。楽しみなコンサートがいくつもあり、10月は凄いことになっている(大好きなブラームスにバッハにコルンゴルトに…、その他もろもろ。日本での公演、あくまで私の好みの範疇内)。
e0036980_20485291.jpg
 8月11日の「山の日」にちなんで、以前に訪れた上高地の写真を。こうした自然の雄大さ、美しさ、清廉さにはどんな音楽も絵画も敵わないと思ってしまう。南アルプスは近いし好きなので何度も登ったが、北アルプスは燕岳に穂高岳、剣岳に白馬岳かなぁ。
 夏は毎年日本アルプスに行きたいと思いつつ、なかなかそうもいかない…。職場の同僚から富士山行きをせがまれているけれど、行けたとしても早くて来年だ…。他人さまの命を預かるというのも、ちょっと考えてしまう(お互い山歩きが好きというならいいのだけど)。
e0036980_20494766.jpg
 母の希望で泊まったホテル。ちょっとは親孝行できたかも。
 各部屋にオルゴールがあり、私たちの部屋のオルゴール曲はラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」だった。あの有名なメロディーのところ。雄大なメロディーがこの自然にマッチして、オルゴールの調べとともに、いい想い出。
e0036980_20541484.jpg


[PR]
by marupuri23 | 2016-08-14 21:00 | 日本の山紀行 | Comments(2)
Commented by miya at 2016-08-22 01:07 x
こんにちは。
上高地の写真、涼しさが伝わってくるようです~素敵。
山小屋風の素敵ホテル…お母様も喜ばれたことでしょう。
まるさんしっかり山ガールなんですね。あちこち登られていてすごいなあ。夏は下界で倒れていないで、コンディション整えて(体力づくりとダイエット?)頑張ってみようかな。

私は今度の南チロル行きは、じつは現地に住んでいる先生が短期のオルガンスクールをしてくださるのに参加してくるのですが、レッスンの最終日はドロミテ・プチハイキングを予定されているみたいでそれも楽しみなのです。お天気がいいといいですよね♪
日本は西はカラカラ、東は大雨、北は台風で大変ですが
ヨーロッパはどんな感じなんでしょう。来月に入るとぐっと涼しくなりそうですよね。まるさんも遅めの夏休みまでもうちょっとになるのかしら。お互いにいい旅になりますように~☆
Commented by marupuri23 at 2016-08-24 22:13
こちらにもコメントいただきまして感謝♪です~。

miyaさんはドロミテ・ハイキングですか!しかも、オルガンも堪能できて、思いっ切り音楽&自然に浸れる休暇とは、なんとうらやましい(^0^)
南ドイツは経験がないのですが、インスブルックは12年前に行きましたよ~(もうそんなに経つとは…愕然)。古楽音楽祭が目的でしたが、ちょうど今頃の開催だったと思います。たとえるなら穂高の麓にヨーロッパの街があるという感じ。山仲間にそのことを話すと、想像しやすいのか「へぇ~」と皆目をまるくしていました。その当時は、スイスよりも日本人が少なくトレッキングの穴場と言われていたと思います。スイスアルプスは北海道の山々を大きくした感じと聞いていますが、インスブルックで確かに山々のデカさに驚きました。山好きにとっては、それだけでちょっと興奮(^^;)遠目で見てもそうなのに、近くまで行ったらどんなでしょ…。

音楽とともに雄大な自然に抱かれる寛ぎを、満喫してきてくださいね!こちらは山ガールのつもりですが、今回の旅では海ガール(?)になりそうです。