日本イタリア外交関係樹立150周年記念 能楽公演

e0036980_2204163.jpg
 今年、日本イタリア外交関係樹立150周年記念の事業が多く催されていることは(展覧会ではカラヴァッジョやポンペイ壁画、メディチ家の秘宝、モランディ…等々)、ご存知の方も多いと思うが、ではイタリアで日本側がどのような紹介をしているのかということは、あまり知られていないのではないだろうか(もちろんHPを見れば、概要を知ることができるが…)。

 この夏に、ローマで大々的に日本仏像展があったということは知っていたが、イタリア各地で能楽公演が催されていることは知らず、今回ヴェネツィア行きを決めてから、ゴルドーニ劇場で公演があるんだと…。
 ほか、ローマのアルジェンティーナ劇場(ナヴォーナ広場へ行く際に通ったので、あそこかと)、フィレンツェのペルゴラ劇場、ヴィチェンツァのテアトロ・オリンピコ(パッラーディオ!行きたい)にて演目を変え公演を行っている。本格的な能楽公演は約二十年振りとのこと。

 チケット購入時には、結構空席が目立ち心配していたが、開演時にはプラテア(平土間)は満員、パルコ(2階以上)はボチボチといった感じで、ひとます安心。
 日本人は、関係者を除いては現地にお住まいといった感じの方が数名で、日本人観光客などは私ぐらいだったのではないかと思う。印象的だったのは、若い方が随分と多いということだった(学生さんだろうなと)。
[PR]
by marupuri23 | 2016-09-29 22:03 | イタリアへの旅  2016 | Comments(0)