ガルッピの眠る、サン・ヴィダル教会

e0036980_22121560.jpg
 カルパッチョ《サン・ヴィダルの栄光》を眺めつつ(リュートを弾く小さな天使が愛らしい)、この教会で聴いたヴェネツィア室内合奏団は本当に素晴らしかった。求めたCD(ヴィヴァルディのコンチェルト)を聴くと、あの一時が甦ってきて、また幸せな心持ちになる。
 配られたパンフレットに、教会の歴史が紹介されていた。1084年にヴィターレ・ファリエール元首(クーデターを企て1355年に斬首刑にされたマリーノ・ファリエール元首のご先祖かな?この方の名が付いたドニゼッティのオペラがある)によって設立されたとのこと。彼の守護聖人(サン・ヴィダル)に捧げられているそうだ。
 ヴェネツィアは歴史があり、芸術の都として名を馳せただけあって、一つの事柄から様々な話題が芋づる式に出てきて面白いのだが、パンフレットによれば、ヴェネツィア出身の作曲家ガルッピがこの教会に埋葬されたそうだ。なんと、びっくり。そして所縁の場所であることにジーンときてしまった。
e0036980_23300044.jpg
 ガルッピは当時大変有名な作曲家だった。同郷の劇作家ゴルドーニと組んだオペラ・ブッファは大ヒット、ロンドンやロシアに招かれ、サン・マルコ寺院の楽長にも就任している。
 曲を聴くと、そこには彼の個性(ガルッピ節)が確かに感じられ、魅力的だ。《田舎の哲学者》の生き生きとした、弾むような旋律にはワクワクするし、チェンバロ奏者としての評判が高かっただけに、鍵盤曲やトリオ・ソナタなども味わいがある。残念ながら彼が力を注いだ教会音楽は聴いたことがないけれど…。最後のオラトリオ《トビアの帰還》(題名からして魅力的ではないか)とか聴いてみたいもの。もっと彼の曲、特にオペラを聴く機会が増えれば、と思う。

[PR]
by marupuri23 | 2016-10-30 23:41 | イタリアへの旅  2016 | Comments(0)