METライブビューイング  カイヤ・サーリアホ《遙かなる愛》

e0036980_21345543.jpg
 一昨年、東京オペラシティでの日本初演(演奏会形式)で聴いた現代オペラを、METライブビューイングで。
 よい作品を、再びこうした最高のプロダクションで観ることができるとは嬉しい。METの上演にあたって、オーケストラの規模が以前よりも大きくなったように思える。音楽だけでも、万華鏡のように移り変わるスケールの大きい波動を感じさせるが、それに加えて、LEDライトで表現された幻想的な海の演出がピタリとはまり、体ごと別次元へ吸い込まれるような感覚を覚える。実際に観たらどんなに凄いだろうかと…。METの観客も非常に盛り上がっていて、ここまでの大成功とは、驚いてしまった。

 今回の鑑賞にあたり、日本初演でのプログラムを読み返してみて(解説が素晴らしいものなので)、改めて納得する部分が多く、感慨深い体験となった。「自分を満たす完全なもの(それは美でもあり、純粋なものでもあり、愛でもあり...)」を求めながら得ることが永遠に不可能という、人間としての悲劇を救ってくれるのは、やはり神しかいないのだろうか。それを求める以上、救いは神にしかない。
 こうしたテーマを、大海を想い起させる壮大なサウンドで表現した、指揮のスザンナ・マルッキが驚くほどのダイナミックさで、素晴らしかった。女性作曲家に女性指揮者だったので、あとは演出家も女性であればパーフェクト、というのは余計な話。
 
 サーリアホの他のオペラ《アドリアーナ・マーテル》、《エミリー》も女性が主人公で観てみたいもの。
 2015年初演の《Only the sound remains 》は能がモチーフ。サーリアホには他にも日本をテーマとした曲(庭園?だったような)があった記憶が。カウンターテナーが歌うというのも、今ではかえって現代的。能というのも音楽劇なので、作曲家としては触発される部分が多いだろうなと。

[PR]
by marupuri23 | 2017-01-23 23:07 | opera | Comments(0)