こころ弾む、ロッシーニ

厳しい寒さが続いています。冷え込みがこうキツイと、温泉にでもつかりたい気分です。巷ではさらに冷え込んでしまうような話題ばかりですし、気分も滅入りがち…。
ストレス解消には「笑い」が一番とのこと(職場の研修にて)。そうそう、今日は笑える楽しい音楽を聴きたい~。そんな時こそロッシーニ。

e0036980_21304583.jpgと、いう訳で「オリー伯爵」を取り出しました→
現在人気ダントツのテノール、フローレスがタイトルロール。大人のためのお洒落なラヴ・コメディといった感じで、洗練されウィットに富んだ上質の作品。聴いているだけで楽しいです。
パリの聴衆向けに作られたもので、フランス語の響きも心地いいです。新聞のCD紹介欄では「シャンデリアにきらめくシャンパンの泡のよう」と評してしましたが、ほんとぴったり。
[PR]
by marupuri23 | 2006-01-28 21:30 | opera | Comments(0)