銕仙会定期公演 狂言『武悪』・能『梅枝』

今日18時から、宝生能楽堂での鑑賞。狂言『武悪』は一時間ほどもある大作。ユーモアの効いた、ちょっとシニカルな感じの喜劇。立ち合いの派手な場面が多く、見せ場もたくさん。人間国宝の野村萬さん、やはり出てきただけで空気が変わります。重厚感が加わり、劇の厚みが増すんです。実演に接するのは3回目ですが、すっかりファンに (^-^)/

能『梅枝』は眠気に襲われてしまい、まさに夢幻の世界となってしまいました…。後半の舞になって目がパッチリ。能は見る側の器量がかなり問われるので(抽象的だし)、私にとっては遠い遠い世界です。嗚呼…。
[PR]
by marupuri23 | 2006-10-13 23:58 | 日本伝統芸能 | Comments(0)