新国立劇場《西部の娘》~楽園は、何処に

今週水曜の公演を鑑賞。上演されることの少ないオペラですので、この先、まず実演に接する機会はないだろうと思い、劇場へ。

何の予習もなく、このオペラを初めて観ることになったのですが、「たわいもない西部劇オペラ」などではない、普遍性のある深いテーマを持った作品だと感じました。舞台はゴールドラッシュ時代のカリフォルニアですが、そこに根本的なテーマがあるわけではない。今回の演出は、舞台を現代に置き換えていましたが、テーマに対しての焦点はぶれていなかった。ですので、私にとって違和感は全くありませんでした。

このオペラ、私の中ではスタインベック「怒りの葡萄」と重なってみえました。恐慌のため、貧困にあえぐ農民一家が故郷を捨て、「楽園」と思い描いていたカリフォルニアへ向かったものの、そこはまるで地獄のよう、さらなる苦しみが続いていく。いったい、何処に行けば楽園に辿り着けるのだろう…。このオペラにも、楽園を思い描いてその場所へきたものの、どうにもならない現実に、やるせない思いを抱いている人々が描かれています。今回の演出はその部分に重きを置いたようでした。
最後、愛し合うミニーとジョンソンが結ばれ、「さらば、カリフォルニア…」と遠くの地へ去っていく。楽園=カリフォルニアを捨てて新たな地へと向かう二人。今度こそ、本当の楽園に辿り着けるのでしょうか。そして取り残された人々のクローズアップ、単なるハッピーエンドとは異なる、重い余韻が残りました。

このオペラ、メトロポリタン歌劇場(アメリカ)のために書き下ろした作品ですが、旧約聖書のくだりが出てきたり、楽園を思い起こさせるところは、当然のことながら、やはりアメリカもクリスチャンの国だなぁという印象を受けました。

このオペラがなかなか上演されないのは、インパクトのある独立したアリアがないことが、理由の一つとして挙げられるでしょうか。そしてこのオペラ、アリアで聴かせるというよりも、切れ目なく音楽が流れていくのですが、その流れがスムーズでないような気がします。プッチーニ特有の叙情的な音楽が続いていたかと思うと、突然その流れが切り替わり、いきなり刺々しい押しの強い音楽になる。モーツァルトのような、鮮やかな切り替わりでななく、なんだか唐突。

オケは、とっても良かったです。久々のプッチーニ、堪能しました。
[PR]
by marupuri23 | 2007-04-21 22:00 | opera | Comments(0)