ワイン、ワイン、ワイン…

今日もしつこく《エドガール》を聴きながら日本刺繍をチクチク(^-^;)。この作品は失敗作とされたそうですが、とてもそのように思えない魅力的な作品。音楽的な構成は練られているように思えるのですが…。勢いのある熱っぽさでグイグイ押していき、最後の悲劇的な幕切れまで息をつかせません。3幕の前奏曲は《マノン・レスコー》にもある美しい前奏曲を思わせます、素晴らしい。タイトルロールはドミンゴですが、年齢を感じさせない熱唱。こうなるとプッチーニのデビュー作《妖精ヴィッリ》も聴きたくなってしまいます。

昨日がシャルドネの記事でしたので、今日は夏訪れたワインの首都、ボーヌのワイン達を。遥か予想を超えて、どこもかしこもワインだらけ、もう一生分のワインを観た気がします。とどめに宿も元カーヴ!そして鍵までワインボトル型!!飲めない自分をこれほど恨めしく感じたことはありません…。

オテル・デュー側のカーヴ。飲めないのに、いくつかフラッと入ってみました。見るだけだけど…。
e0036980_22502073.jpg
e0036980_2252575.jpg
e0036980_22542344.jpg
好きなワインをお試し飲みできます。
e0036980_22572632.jpg
10ユーロとお手頃なものから…、
e0036980_2333434.jpg
目の玉が飛び出るようなお値段のものまで、取り揃えておりますよ~。
e0036980_2354613.jpg

[PR]