e0036980_22255309.jpg
 カ・レッツォーニコは、ジャンドメニコ・ティエポロとピエトロ・ロンギの美術館といってもよいほど、作品が充実。特にピエトロ・ロンギのこじんまりとした各画面には、18世紀ヴェネツィアの風俗が愛らしく、ユーモアをこめて描かれており、微笑ましい気分になる。
 その人物の描き方はどことなくカルパッチョを連想させ、またカルパッチョと同様に、まるでおとぎ話のような、非現実的な印象があって、それがまたヴェネツィアらしい。
e0036980_22291119.jpg
 絵の中でヴェネツィアらしさを強調するもの、それはなんといっても「仮面(バウタ)」だ。それぞれが仮面を被った演者で、秘密めいた何かを隠しているよう。ゴルドーニの世界の絵画版というのにも、納得。
 この都市は、やはりどこまでいっても劇場の延長線上にある。

[PR]