e0036980_21585803.jpg
 この新作歌舞伎は、インドの叙事詩マハーバーラタを題材にしたとのことで興味を惹かれ、久し振り(二年振りぐらい)の歌舞伎座へ。インドは20代初めに訪れた際、その力強さと賑わい、美しさ(ピンク・シティのジャイプールが忘れられない)に感動したものの、体調をひどく壊してしまったのがトラウマで「ああ、ここで暮らすのは難しいかも」と再訪できないでいる。だが、大変魅力的な国。
 ヨガにも取り組んでいたので、マハーバーラタ、そしてその核をなすバガヴァッド・ギータ―は多少馴染みのあるものだ。これをどのように歌舞伎化するのか予想がつかなかったが、結果、活劇として大変面白く仕上がっており、予想以上に楽しむことができた(もう一度見たい!)。
e0036980_22274221.jpg
 序幕は上図のように、黄金に輝く神々がおわすヒマラヤ山の雲の上から。破壊神シヴァは青ではないんだと(アトリビュートはシヴァ神っぽい)、そういえば、バレエ・リュス展でインドを舞台にした《青神》があったなぁと思い出す。
 そして、絵の通りに地上の姫君も着物姿で「母なるガンジスが…」(!)と言っているので、初めは違和感があるものの、話が面白く舞台の豪華さも見事ゆえ、すぐに慣れてしまう。そう、これはあくまでも歌舞伎なのだから、間違ってもサリー姿などはありえないだろうと再認識…。額の「第三の目」であるビンディ飾りは、着物姿でも似合っていて素敵だった。
 ここでの神々は、ギリシャ神話の神々のようにそれぞれ個性的なキャラクターで、それぞれの思惑で人間を動かそうする姿も、また神話的。最後、帝釈天が「輪廻から解き放とう、永遠を与えよう」という言葉には打たれた。仏陀も輪廻はあると言っていたそうだ、解脱とは輪廻のくびきから解き放たれること、日本の仏教とも関連の深いインドの神々の世界に、改めていろいろと思いを馳せた公演だった。

※素敵だったのは鶴妖朶姫を演じた七之助!声もセクシーでうっとり。今回は美味しい役どころでもあったけれど、どんどん魅力を増している感じ。

[PR]