e0036980_224529100.jpg



なぜヨガをする女性はすっぴんでも美しいのか?~心と身体が軽くなり元気と幸せを呼び込む知恵&ポーズ~ (ワニブックスPLUS新書)





定期的にヨガを行なうようになって一年。
「すっぴんでも美しい…」という理想の領域には、到底達しないであろう、のんびりペースでの取り組み。でも継続して行なっていることで、体が確実に変化しているのを感じます。
本当に「ヨガはうそをつかない」のです。

この本では、ヨガが「どうして、どのように」体に効くのかということを、身体の仕組みに添い、理論的に分かりやすく説明しています。「あ~なるほど、だから効くのか」と納得。

納得その1⇒身体に痛みを抱えている人、疾病を抱えている人の足には何らかの乱れがある(⇒私の整体の先生が言っていることと同様)。
納得その2⇒筋肉が柔軟で、関節の可動域が大きいと、それだけポンプが効率よくお水を全身に送ってくれる。水の循環が悪いと、体内に老廃物が溜まり、新陳代謝が低下し、老化が早まる(⇒股関節に年齢が現れるとヨガの先生もよく口にしている。ヨガは柔軟性を高め、関節の可動域を広げるポーズが多い)。
納得その3⇒脳は身体を実際に動かしたときと、イメージだけとの違いを認識することはできないといわれている(⇒ヨガでのイメージトレーニングは重要)。

そして、ヨガの最終的な目標。「今、この瞬間を生きること」
過去でも未来でもない、今の自分を受け入れて、精一杯生きること。
[PR]