e0036980_22581598.jpg
今年初めての美術展は日本刺繍作家、草乃しずかさんの個展となりました。
私自身日本刺繍に取り組んだ経験があり、母も興味大とのことで母娘で鑑賞。

草乃さんが日本刺繍を初めてから40年とのことで、これまでの代表作、祈りをテーマとした新作など175点が一堂に展覧され、大変見応えのあるものでした。
デザイン力の高さ、配色のセンス、そして技術も素晴らしいのですが、そのどれもが優しさと愛おしみが感じられるもので、刺繍自体の美しさと相まってとても癒されます。
時を追うごとに、その刺繍世界も「個」から「世界」そして「宇宙」へまでもひろがっていくさまが目に見え、その広がりが素晴らしいと思いました。ここまで愛や祈りを感じる刺繍世界はなかなかないのではないでしょうか。

こうした見事な作品を目にすると、また日本刺繍への意欲が湧いてきますね。
刺繍糸は、いただいたものをふくめてたくさんあって…。
刺繍糸だけでも美しく、並べた糸のグラデーションをみているだけでも、うっとりします。
e0036980_2325239.jpg

[PR]
e0036980_22273190.jpg
日本刺繍をあしらった革製のバックが出来上がってきました。デザインは自分で。革色は先生が調整してくださり、クリームのやさしい色合いに仕上がりました。使いまわしのきくデザインと思います(でも汚れが目立つかな?)。

e0036980_22323548.jpg




本当はこの刺繍部分で鼻緒を作る予定だったのですが、着物用のバックが欲しかったので…。
自分でデザインということで、内側には“Dカン”をリクエスト。鍵など小物の収納にいいかなと。
[PR]