e0036980_1225193.jpg式を間近に控え、忙しない日々ですが、今日は定期検診のため築地の病院へ。
帰りに築地近くの銀座へ。松屋で相方の誕生日プレゼントを求めました。形状記憶ワイシャツ2枚という、実用的すぎる贈り物…(色気がなくてごめんなさいね。でも、普段着ないような洒落た柄のものですよ)。

松屋へ寄った目的はもう一つ。
アンティークのヨーロッパ刺繍やレースのコレクターとして有名なユキ・パリスさんのコレクション鑑賞のため。私も一応、日本刺繍に取り組んでいる身ですので、参考にと。

今回出展されている作品は、どれも細かい手仕事で見事に仕上げられており、息を飲みます。ですが、職人技というよりも、主婦の手仕事(趣味を兼ねる)といった趣きが強い。女性の嗜みとしての意味合いもあって、その細かさに「執念」すら感じられるものも。
手仕事なので、人の「ぬくもり」が感じられます。作品の一つ一つに物語が込められているのでしょう。
身の周りのものを美しく整え、手をかけて慈しむという女性特有の美意識を改めて感じました。

工芸作品は、実際に使用されていた場に置かれて鑑賞したほうが、より実感がわき、作品が映えますが、そこまで望むのは難しいことでしょうね。
北欧のアンティークが多いのですが、やはり現代の北欧デザインに通じるものがあります(植物・花のデザインなど)。
パリスさんのデンマークのご自宅が紹介されていましたが、向こうのインテリアには欠かせないキャンドルやガラスの器が印象的。北欧の空気にぴったりと馴染むんですよね。ナチュラルな透明感。
京都のご自宅では、日本家屋に合わせたインテリアですが、上手く北欧のものと日本のものを調和させていて、感心させられました。北欧と日本のデザインは共通点も多いですし(そういえば、スウェーデンで「無印良品」が違和感なく存在してました)。
ご本人も会場にいらっしゃいましたが、凛とした佇まいの素敵な方。

来場者は内容が内容なだけに、見事に女性ばかり。
一種独特の雰囲気で、ここまでくるとちょっと苦手…。
[PR]
e0036980_12284081.jpg
間近に迫ったWEDDING準備のため、更新がままならず…。
昨日はヘア&メイクリハーサルのため丸の内へ。その後、オープン初日を迎えた“丸の内ブリックスクエア”を覗きに。

丸の内ブリックスクエアでひときわ目を惹く「三菱一号館」。明治27年当時のままに甦らせたもの。
来年の4月から美術館としてオープンしますが、昨日より竣工記念展が開催されています。
建物内部だけでも一見の価値ありなので、また時間のあるときにゆっくりと見てまわるつもりです。

e0036980_12314463.jpg明治期に銀行の営業窓口として使われていたフロアがカフェに。
当時の雰囲気を肌で感じられる内装。コンクリートに覆われた現代の無機質さとは異なります。
大きな窓から見える緑の木々や、開放感あふれる吹き抜け、趣きのあるライトなどを眺めていると和みます。
ちょっとした都会のオアシス。

このカフェで頂いたのは「蒸し野菜プレート チキン添え」。
これが予想を上回る美味しさ!
今時のカフェとは違って、ホテル並みのシェフ、従業員を揃えている印象で、上質感あり。
値段もそこそこですし、合格点♪
[PR]