e0036980_20462081.jpg
久々に「読んでよかった」と満足感一杯の美術案内でした。
著者は北海道にある六花亭製菓の美術館づくりに携わってこられた、建築家の飯田郷介さん。
タイトルから、軽快な案内書かと思いきや、かなりのボリューム(350ページあまり)!
自身が携わってこられた六花亭製菓の美術館(中札内美術村)から、日本を代表する建築家による9つの美術館を巡ります。

美術館それ自体にも物語がある…。建設の経緯から、所蔵品についての紹介はもちろん、建築家、味どころ、周辺の散策スポットなど、一つの美術館から無限に広がっていく鑑賞の楽しみがぎっしりと綴られています。本当に楽しめて、プラス建築や美術のお勉強にもなります。文章も、とても読みやすい。

日本初の公立近代美術館「神奈川県立近代美術館」について、ル・コルビュジェの弟子である坂倉準三が設計したことは知っていましたが、その人生や他に手がけた建築物も知ることができたのは収穫でした。
ほか、、前川國男や谷口吉朗、吉村順三など、日本の歴史を感じる建築家についても同様で、これから訪れてみたい美術館や建物をたくさん見つけることができました。

特に惹かれたのが谷口吉朗の建築。明治村やホテルオークラ、そして名随筆と言われる日記はぜひ読んでみたいと思いました。ドイツ出張の際には、国立劇場で上演された《タンホイザー》の客席でヒトラーを見たこともあったそうです。

そして、穂高の碌山美術館。
彫刻家、荻原碌山の美術館です。代表作の《女》は、国立近代美術館《美術にぶるっ》展で見たばかりでしたが、これが遺作。30歳という若さで亡くなったのですね。
ロダンの教えを受け、日本近代彫刻の先駆者と言われるその生涯はひたむきで、悲劇的。胸に迫るものがありました。
生涯を知ったうえで作品を想い起こしてみると、見方も変わってきます。

様々な角度から、美術の楽しみについて、有意義な情報を知ることができて面白かったです。世界が広がりました。
[PR]
e0036980_21282550.jpg
池袋のベトナム料理店「フォー・ベト」でランチ。
ランチセットはとてもお得感あり(700円)。
フォーの種類や辛さ、春巻きの種類を選べ、デザートorドリンクもついてます。私は海鮮フォーを。思ったより、あっさりしたお出汁でさっぱりといただけます。
日本人の口に合いますね~。

ランチだと、好物のバインセオがいただけないのが残念。
今度、料理教室でバインセオを教えていただく予定です。本当に美味しいですよ。

e0036980_21374298.jpg

これはベトナム・ニャチャンでいただいたミニ・バインセオです。
初めて食べて、その美味しさに衝撃を受けました…。

ヌクマムをつけて食べると最高~。
[PR]
e0036980_17501320.jpg結婚前は、それこそ時間をかけて着物を纏い、見た目には優雅(?)に出かける余裕がありましたが、今では…(仕事と主婦業が優先)。
特に日本伝統芸能の鑑賞では、着物の観客が多く、そうした雰囲気に包まれる楽しみもありました。
着物率が高いのは能ですね。


着物からはすっかり遠ざかってしまいましたが、このままでは今ある着物が年齢に合わなくなってきてしまう不安が…(もったいない精神)。着付けも忘れてしまいそう。
無理やりにでも着る機会を増やさねばと思っています。昔少しかじった茶道のお稽古でも?(そんな時間は取れないですね…)

前置きが長くなってしまいましたが、要するに着物好きです。とは言っても知識はゼロに近いですが…。
檀さんによる日本全国の染め織り、技、糸の紹介本ですが、どれも本当に手間をかけ、気の遠くなるような細かい工程を経ているものばかり。魂と気迫がこもっています。まさに「手仕事」。
生糸も、機械で取ったものと手で取ったものとでは、質が全く違うそうです。
地方色豊かな様々な染め織りも、風前のともしびとなっているものが多く、時代の流れとはいえ、これほどまでに民族の伝統を感じる美しいものが消えてしまうのは、残念でなりません。

本の最後では、能うつしの着物のあれこれが目を楽しませてくれます。『老松』『道成寺』『鷺』『井筒』…、曲に合わせた様々な意匠の着物が、檀さんの見事な着こなしで映えていて、思わずため息。
[PR]