e0036980_215535100.jpg
イングランドのストラトフォードを本拠地とするロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの初シネマライブへ。
今年はシェイクスピア生誕450年という記念イヤー、上演に接する機会が増えそうで嬉しいです。
来日公演で《オセロー》を観たことがあるのですが、本場の劇場はさすがに雰囲気があります。客席が舞台を取り巻くような造りで、距離が近い。これぐらい密接だと、一体感が生まれやすいのではないでしょうか。

リチャード二世、公演ポスターの肖像画でも分かるように、完全に中世の方(^^;)
開催中のラファエル前派展では、華やかなブラウンの画「エドワード三世の宮廷に参内したチョーサー」にちょこっと登場していました(子供姿)。画ではエドワード三世(祖父)と黒太子(父)に囲まれた幸福な子ども。
このように生まれながらの王でありながら、従弟により王の座を奪われ、最後は幽閉されて死を迎えるという過酷な運命を辿るのです。

劇では、まっしぐらにリチャード二世の転落を綴っていきます。
シェイクスピア劇の凄いところは、単純な勧善懲悪の世界ではなく、主演のテナントが言ったように「人間をありのままに描く、だからこそ後世まで残っている」ということなのだと思います。
リチャードは自分を神から選ばれた人間だと信じ、自分の利益中心の高慢な王。それでいて気弱で卑怯。しかし、王の座を奪われても誇りを失わんとする一種の強さを見せます。対する従弟のボリングブルック、表では正義感に溢れているように見えますが、腹の底では…というように、どの人物も複雑さがあり、一括りにはできません。
人間って、そうではありませんか?納得させられるのです。

そしてシェイクスピア劇の命、言葉。
ともかく台詞、台詞の連続で、着いていくのが大変ですが、舞台で聴くのは、読むのとはまた違った体験です。全編韻文(弱強5歩格)で書かれているので、散文との違いを聴けるのも、興味深かったです。印象的な台詞もいろいろとあり、「なるほど~」と頷くことも。
演出家が「伝統芸能」と言っていましたが、言葉で全てを表現し尽そうとするところは、型や省略が中心となる日本の伝統芸能とは違うんだなぁ、と改めて思わざるを得ませんでした…。

主役のテナントは、ひ弱で滑稽な暴君から、策略に嵌まり転落していく悲劇の王を巧みに演じ切っていました。見事ですね。
長丁場の舞台、こちらも体力と集中力が必要です(^^;)
[PR]
e0036980_1181759.jpg
今やご近所シネコンで、英国ロイヤルバレエ団の中継上映(実際には前夜の中継録画)が見られるようになったとは、いい時代になったなぁ…と思いながら、初めての上映体験へ。

《ジゼル》はとりわけ好きで、私にしては珍しいのですが、上演がある度に観に行きたくなる作品。数年前のパリ・オペラ座での来日公演では思わず涙ぐんでしまうほど感動してしまいました。
そこまで惹きつける魅力とは、何でしょうか…。
自分を裏切った恋人のためにジゼルは死に至ってしまうのですが、精霊となった後も恋人を死から守ろうとする健気さが胸を打ちます…。
生前の可憐な村娘ジゼルから、精霊となった幻想的で儚いジゼルを見比べる楽しみも大きく、白い精霊のコール・ド・バレエ(群舞)の迫力と美しさも息を飲むほどで、見どころは尽きません。
音楽の良さも外せないポイントですね。

ジゼルは、今シーズンからプリンシバルとして入団したロシアのナタリア・オシポワ。
このオシポワの素晴らしいこと!表情の豊かさはもちろん、全身の表現力が抜きんでていて、強い魅力(生命力)を放っています。「女優ダンサー」と呼びたいほど。
いやがおうにも目が惹きつけられてしまいます。

そのオシポワのパートナーは、キューバ出身のカルロス・アコスタ。
こちらもスター・ダンサーですが、包容力のある端正な踊りで、オシポワを支える安定感もバツグンでした。

中継上映の案内役はダーシー・バッセル。
特典映像としてリハーサルの様子や振付家や演出家へのインタビュー、幕間の会場の様子などが映し出され、実際に劇場にいるような雰囲気も味わえます。
これがライブビューイングの良いところ♪
日本にいながら、こうして最新の舞台に接することができるのは有難いですね、楽しみが増えました。
e0036980_1146732.jpg

[PR]
e0036980_23185773.jpg
展覧会のチラシを観てびっくり。
数年前から我が家で愛用しているピンクの南部鉄器カラーポット&ポット敷きが載っているではありませんか。これは観ずにはいられません。

南部鉄器400年の歴史を辿るというコンセプトで、江戸時代から現代に至るまでの様々な南部鉄器に接することができました。今まで知らなかった日本伝統工芸の美に触れ、改めてその良さを感じています。

南部鉄器は茶道の茶釜がルーツ、煎茶の流行により茶釜に注ぎ口と鉉(つる)をつけるようになったのが始まりとか。岩手県北部を治めていた藩主南部家が京都から鋳物師などを招いてつくらせ、特産品となりました。近代になると作家がこぞって海外の万国博覧会へ出品し、多数の作品が受賞しています。まさに「メイド・イン・ジャパン」代表格だったわけですね。

江戸時代のものは大きく重厚。職員技が映えて造形も凝っています。時代が進むにつれ、小型・簡素化し繊細な意匠が施されてきます。
ブルーノ・タウトが絶賛したという、昭和時代の「亀甲型鉄瓶」。小泉仁左衛門の手によるものですが、この飾り気のない素朴さ、いいです。

現代になると、様々な作家によるバリエーションに富んだ作品の数々が展示されており(灰皿やオーナメント、鍋など)、どれも個性豊かなもので、楽しませてもらいました。
中では十五代鈴木盛久 熊谷志衣子さんの鉄瓶、釜が繊細な造形で素敵でした。欲しいですね~。
[PR]