e0036980_01144.jpg
コンスタンチン・リフシッツのピアノ・リサイタルへ。
「J.S.バッハの宇宙」と称した全3回のオール・バッハ・プログラム。今回は第1回目で《平均律クラヴィーア曲集第1巻》全曲。
昨年エマールによる、スタインウェイの艶やかな音色でのラグジュアリーな《平均律クラヴィーア曲集第1巻》を聴きましたが、時を置かずして、違った個性のピアニストによる演奏を聴けるのは、滅多にない機会。

《平均律クラヴィーア曲集》は鍵盤音楽の旧約聖書と言われますが、全曲通しのプログラムは珍しいです。弾くのも大変ですが、聴く方もかなり気合が必要。
バッハが好きで、バッハの曲に取り組んでいる私にとっても、全曲通して聴くとなると、これは大変という気持ちが…(もちろん、そうでない方もいると思いますが)。
それは、やはりプレリュードとフーガの組み合わせで24曲続くということが大きいのでしょうが、自分で弾いていても感じるのが、どれも個性豊かな発想が組み合わされてできているということです。教会オルガン曲を思わせる壮大なものから、ロココ調の優美可憐なもの、そして燃えたぎる情熱が放たれるものまで、それこそ人間が感じうる全てのものが表現されているかのよう。
その多様性は、とてもバッハという一人の手によって為されたとは思えないほどです。バッハの曲を弾くたびにそう思うのです、「凄いなぁ」と…。

リフシッツのバッハ、声部を弾き分けて構成を伝える、曲から曲への滑らかな流れを創るという基本はきっちり押さえながら、独自の解釈を打ち出していく、目の覚めるようなバッハでした。
1番ハ長調のプレリュードは最初の曲ということもあり、どのように弾くか難しいところだと思いますが、初めのフレーズをいきなり強音で、その後同じフレーズを弱音で弾いたのには驚きました。アフタートークの礒山先生の話だと、これはバロック音楽の特徴であるエコー効果とのことで、なるほどと…。勉強になります。
一つ一つの音を噛みしめるように奏でるリフシッツ。音色のコントラストをつけるために、ペダルを駆使しており、その効果がとてもよく出ていました。
私が感銘を受けたのは8番変ホ短調。まるで彼岸から聴こえてくるような響き、これは祈りだ…。

使用ピアノはベヒシュタイン、落ち着いた重厚な音。
このピアノとリフシッツでブラームスも聴きたいなと思ったら、アンコールでブラームス《カプリッチョ》を弾いてくれました♪嬉しいおまけ。
[PR]
e0036980_22332767.jpg
休日の午後、日頃の喧騒から離れて、ゆったりと心地よいひと時を過ごすのにはぴったりな映画。
時折、心地よい睡魔に襲われながらも、ワイズマン監督によるロンドン・ナショナル・ギャラリーのドキュメンタリーを楽しみました。3時間という長さによって、実際にこの美術館を訪れたような体験が可能です。

開館前の清掃業務から始まる冒頭シーン、観客のいない美術館。「観られる」ために飾られている世界的な名画たち。美術館というものが「観る人」あって成り立つものであるということが印象づけられます。
そして開館後の賑わい。絵と対峙する一人一人の観客の表情も様々。絵を検証する学者達、教授と学生の議論、好奇心いっぱいの子供たち。専門家によるギャラリートークは、それぞれ個性があり面白かった!絵の一般的な説明に留まらない視点で凄い。

そして美術館を支える裏方にも焦点が当てられます。修復作業や企画展に向けての打ち合わせ、運営予算会議まで映し出されており、これだけのマンパワーが投入されることで、「美の殿堂」が成り立っているのだと、鮮明に伝わってきました。

私が一番興味を惹かれたのが、絵画を一方的に「観せる」だけではなく、絵画を通じて広がる発想や体験までも提供しているところ。さらに豊潤な世界が広がっていきます、素晴らしい。
デッサンのワークショップや、絵画にインスピレーションを受けて企画されたコンサートやバレエ(しかもギャラリー内!)、詩作と朗読なども。
もちろん日本の美術館でもミニコンサートや、講演会を開催するところは多いですが、こうした視点をどんどん取り入れてほしいと思いました。
e0036980_22334829.jpg
…この美術館の、ティツィアーノ《バッコスとアリアドネー》が好き。
この絵を観ると、R・シュトラウスのオペラ《ナクソス島のアリアドネ》が想い浮かびます。とても音楽的な絵。
[PR]
立春となったが寒さも今が正念場。季節の変わり目なので、春へ向けて体調を整えていきたいもの。
体も冷えやすいので、なるべく温まるものを…と思うが、コーヒーは止められず…(体を冷やすのだが)。
e0036980_21564688.jpg
ちょっと小腹がすいたけど、甘いお菓子はちょっと…という時は「ふかしいも」。
先日、「キャラメルイモ」なるさつま芋を頂いた際、ふかしいもにしてみたらとても美味!だったので。まさに天然スイーツ。さつま芋はそのままだと体を冷やすそうだが、熱を加えると逆に温めてくれるのだとか。
e0036980_12124622.jpg
ふかしいものお供は、台湾高山茶。
九份茶坊で求めた「阿里山金萱茶」、なんといってもその香りにまず癒される。
味も軽やかな甘みで優しく、誰にでも好まれるお茶。本当に美味しい…。
e0036980_1213167.jpg
こうした香りの良いお茶は、リラクゼーション効果抜群で、女性ホルモンを整える効果も。
ジャスミンティーやミントティーもお薦め。
[PR]
e0036980_2336518.jpg
サントリー美術館で開催中の「天才陶工 仁阿弥道八」展へ。
江戸時代後期に活躍した京焼の名工で、関西では「仁阿弥」と呼ばれ、今も人気があるそうですが、作品にはあまり接したことがありませんでした。
ですが今回接してみて、「天才」と言われるのも納得の、本当に魂のこもった良い「仕事」をしていると感じ入りました。
陶芸作品で、こんなに胸がジーンと熱くなるなんて、思いも寄らず…。

「魂のこもった」というのは、いわゆる彫像的作品といわれる置物等から最も感じられます。
思わず手のひらで抱き上げたくなるような、つぶらな瞳の兎(色絵兎置物)、こちらを見上げる無垢な表情が愛おしい子ヤギ(白釉山羊手焙)、今にも動き出しそうな柔らかい毛並の子猿(色絵猿置物)。この子猿、見えない底までもしっかりと形作られていることに驚きました。
底は見えないのだから…という発想はゼロ。
本人は当たり前に見えないはずの底まで造っているのでしょうが、そこに、モノを造っていながらもモノを超えたものを造るという気概が強く感じられて見事。そして、像のどれもが自然体で優しく愛らしい。
思わず微笑んでしまいます。

展示のメインは茶道具で、江戸時代後期の華やかさが感じられるものが多いです。
「写し」から独自のデザイン、ヨーロッパの作風を取り入れたものまでと幅広いので、「これ素敵」と思えるものも多く、自分の好みが分かるなぁと…。
これだけの作品がまとまって観られるのは貴重で、良い体験でした。
[PR]