e0036980_2253819.jpg
今シーズン初めてのMETライブビューイングへ。
私がオペラというものに初めて触れ、「オペラって凄いんだ」とそれこそ目から鱗の体験をしたのが、ワーグナー《タンホイザー》でした。
TVで放映された来日公演(ベルリン国立歌劇場だったでしょうか?記憶はさだかではないのですが)を偶然観たのですが、初めの序曲からバッカナールへ続く音楽、そしてモダンな演出の組み合わせに、「世の中にはこうしたものがあるんだ」と衝撃を受けたのを覚えています。
音楽ももちろんですが、視覚=演出の力でこんなにもスケールの大きい世界、神話的な世界をも具体的に立ち上げることができるのだと(しかも現代性を持って)、圧倒されてしまったのです。
それまで、オペラというものはゴテゴテとした衣装を着けた歌手たちが、不自然とも言える声を張り上げて、話の内容も親近感が湧かないものと思い込んでいたので、余計に驚いたのかもしれません。

そんな想い出のある《タンホイザー》、全幕通して観るのは本当に久し振りで、懐かしささえ感じてしまいます。
ドイツ本国では(ドイツだからこそ)ありえないような、極めてオーソドックスな演出ですが、今となっては返って貴重かもと思ってしまいます。衣装の重厚さ、華やかさはさすがMET。
しかし、この演出のオーソドックスさだと、話の「古さ」も際立ちますね。もちろん当時は「先端」であったでしょうが、現代性を持たせるには、どうしても演出の力が必要になってくるのかもしれません。
そうした意味では、ドレスデンで観たワーグナーはとても良かった。

今回は、なんといってもヴォルフラム役のマッテイが素晴らしい。艶やかなビロードのような声にうっとり。発音も母音と子音がきっちり立って聴こえてきて気持ちが良いなと。
清潔感溢れる雰囲気で、役どころにはぴったりでしたが、ドン・ジョヴァンニも十八番とのこと、どう演じるのか(変わるのか)なと興味を惹かれてしまいます。舞台人としての華(セクシーさ)があるのも、大事なこと。
初めて聴きましたが、ドイツ・リート、バッハなども是非聴いてみたいと思わせる美声でした。
[PR]
二年振りに神楽坂の矢来能楽堂へ。
近年の神楽坂の変貌は目を瞠るものがあるが、すっかりこの辺りも様変わりしているのに驚く。
だが、この「矢来能楽堂」は国の登録有形文化財となっており、時が止まったような、今も昔も変わらぬ佇まい。ホッとする。
e0036980_22284041.jpg
今回の公演は、日本舞踊と能(半能)の二本立て。
日本舞踊というと、歌舞伎舞踊が思い浮かぶが、ここでは「素踊り」「男性のみ」「群舞」という新たな可能性を追求した創作舞踊を上演する<弧の会>によるもの。日本舞踊界の第一線で活躍中のメンバーで構成されており、それはそれは見応えがあった。
神楽坂にちなみ演目は『毘沙門』。毘沙門天を信仰していた上杉謙信の史実をからませた創りで、戦いのシーンなど、男性舞踊の力強さと迫力に満ちていた。毘沙門天を始めとする四天王の表現も、まるで生きた仏像を観ているような様式美に、思わず溜息…(とっても素敵だった)。
戦神と呼ばれる毘沙門天だが、戦の無残さに嘆き悲しみ、苦しむ場面も描かれていた。帝釈天に諭され、「戦えないもののために、己が戦う」と再び戦神となって立ち向かう姿には、胸が熱くなった…。
感動的だった、また公演があれば是非観たい。

鑑賞前に、神楽坂の毘沙門天にお参りしたのだが、ここは私にとって昔からのパワースポットである。
というのも、毘沙門天がお生まれになったのが、寅の年、寅の月、寅の日、寅の刻で、私は寅年。つまり、私の守り神ということになる。ここは狛犬ならぬ、狛虎があって、寅年としては、もう嬉しくなってしまう。

その守り神のパワーのおかげで、上演後の抽選会では見事当たり!となり、能舞台へ上がって能と日本舞踊を体験するという機会に恵まれた(友人に譲ったのだが)。神楽坂、やはりいい街である。
[PR]
    ホテルメトロポリタン丸の内のロビー階にて。吹き抜けのデザインがユニーク。
e0036980_21301511.jpg
再会の秋が続いている。
先週は懐かしい元同僚(先輩)&現同僚とランチ。平日の昼にホテルランチなんて、まるで「有閑マダム」のようではないか…(実際はほど遠い)。先輩は年末に出産を控えており、ベビちゃん誕生後はなかなか会えなくなるだろう、と優しい同僚が企画してくれた。感謝。

先輩とはもう○○年以上のお付き合い。公私ともにお世話になって、退職されるときは本当に寂しかったが、こうして幸せな家庭を築いているのを見ると、本当に良かったなぁとしみじみ。
「仕事は止めたくなかったけど…」と先輩が漏らした一言に、やはり女性にとってプライベートと仕事の両立は、難しい部分が多いなぁと複雑な心境に。仕事も大事だが、それ以上に大切なものも沢山あるし、得られないものを挙げていてはきりがない。なんといっても、自分の人生である。選択&現在を前向きに捉えて進んでいくしかない。
e0036980_22444840.jpg
ホテル内のダイニング&バー「TENQOO」のランチは、前菜とサラダが食べ放題!ホテルメイドの美味しさで、これはお値打ち。東京駅直結でアクセスも良く、女子会にはうってつけ。
e0036980_22452865.jpg
デザートはハロウィン仕様♪女子のハート鷲掴み(^^;)の内容に、皆、大満足のようで何より何より。
[PR]