今週の「古楽の楽しみ」は、アーノンクール追悼ということで初期から晩年の活動を追う構成。
最終日の今日、案内役の礒山先生より「アーノンクールを語る時、どうしても外せないのが、彼のモーツァルトの演奏。まず挙げたいのが、モーツァルトの初期の交響曲。初期の交響曲は普通に演奏しただけでは、なかなか効果が上がらないが、彼の手にかかると、少年のワクワクするような冒険絵巻として聴こえてくる。彼の卓越した分析を通じて、その新しさを惹き出している…」とのコメント。その通りの、弾むように生き生きとしたK.22交響曲5番(9歳で作曲!)が流れ出した。
その演奏を聴いた時、同じくアーノンクールによるモーツァルトの初期のオペラ《ミトリダーテ》《ルーチョ・シッラ》が甦ってきた。この2つの作品は、一目惚れならぬ一聴惚れだった。
後期のオペラも素晴らしいものだが、初期・中期のオペラも大好きだ。いや、《フィガロの結婚》以降のものより、自分には感覚的にフィットする感じがある。どうしてだろう…それは、バロックに近いものがあるからなのかもしれない。

初めて聴く交響曲5番、ハイドンそっくりだ。アーノンクールによるハイドンのオペラが思い出されてくる。《アルミーダ》《騎士オルランド》もお気に入り。ハイドンの交響曲やピアノ・ソナタは、積極的に聴こうと思わないのだが(カルミニョーラによるヴァイオリン・コンチェルトは最高)、そのオペラはハイドン節が冴えて素敵だ。
e0036980_21572844.png
アーノンクール&ポネルによる《ミトリダーテ》、LDで観た時には、舞台衣装も素晴らしかった。
特にアスパージア、左右に張り出したパニエが目を惹くが、1740年代のみ流行したもの(モーツァルトが生まれる少し前)。アタッチメントがあり、折りたためるそうだ(^^;)イタリア&スペイン産(フランスには無い)、実在した衣装ということに驚いてしまう。
ロココの装飾性は、バロックよりもさらに過剰だ…。
[PR]
e0036980_22152843.jpg
Gesangvoll,mit innigster Empfindung-「心からなる感動を持って、歌に満ちみちて」とベートーヴェンが示した第2楽章-ピアノ・ソナタ第30番を練習中である。

年度初めは、一年のうちで最も気忙しく、人の出入りもあって落ち着かない時期だ。特に昨年は部署が変わり、残業の日々…。仕事がともかく忙しく、慣れない人間関係も絡んで、殺伐とした気持ちに襲われることもあった。
そんな時、ちょうどレッスン中だったベートーヴェンのピアノ・ソナタ第30番の第1楽章前半、忙しくてなかなか弾く時間も取れないなか、この流れるような美しい曲を弾くと、「ああ、世の中にはこんなに美しい音楽が、世界があったんだよな…」と、心にメロディーが沁み込み、癒された。
そして、第1楽章後半-ホ長調からホ短調へと変遷し、まさにベートーヴェンらしい情熱に満ちた楽章には、気持ちを鼓舞され、励まされている。この対照的な2つの楽想の対比、2つで1つの楽章―それは「陰と陽」のように、柔らかさと激しさ、諦念と不屈が背中合わせとなり、人間というものの複雑さ、同じ人間が全く違う面を持っているということを、まざまざと感じることができる。

ベートーヴェン後期のピアノ・ソナタ。晩年の作品になるが、その世界は老いというものを全く感じさせない、どこまでも瑞々しい精神に満ちている。「枯れる」どころか、自分の世界をさらなる高みへ推し進めていることに驚嘆してしまう。
Gesangvoll,mit innigster Empfindung~第2楽章のヴァリエーションは、音楽でしか表現できないほどの想いに溢れている。
そう、unsterbliche Geliebte~「不滅の恋人」~ブレンターノ夫人(このソナタは夫人の娘に捧げられている)には、なんと相応しい楽章だろう。
不滅の輝きを放つこの楽章を弾き、味わうことのできる幸福を、今しみじみと噛みしめている。
[PR]