公演からあっという間に一週間以上が過ぎ、再び仕事漬けの日々だが、記憶が薄れないうちに感想を。
e0036980_22381424.jpg
 演奏はスカラ座古楽オーケストラ&指揮のファソリス率いるイ・バロッキスティ(スイス)の混合オーケストラで、事前予想がつかず…。
 イ・バロッキスティ、CDでは聴いていたものの、実際に聴くのは初めて。ファソリスの指揮はダイナミックで、キビキビとした流れを作り出し、躍動感があった。そこはさすがにバロックらしい演奏(一安心)。が、バロックは、ともすると一本調子になりがち。ヘンデルのように長い作品では、聴かせどころ(ツボ)を押さえて、ドラマを盛り上げながら聴かせてほしいなと。
 いくつかのハイライトシーンがあるが、好きな場面の一つがアステリアの毒杯の場面。父と恋人のどちらかを選んで飲ませよという命を受け、心引き裂かれるアステリアに、思わずこちらも胸が締め付けられ、その悲壮な美しさに目が潤んでしまう。アリアではなくアッコンパニャートだが、こうした絵になる場面は、演出的にも、音楽的にもたっぷりと魅せてほしかった(アリアの場面だけ派手に演出を盛り上げても、ドラマを盛り上げることにはならない)。もちろんバヤゼットの死の場面は、この作品のクライマックスでもあり、ドミンゴの名演で素晴らしかったが。
e0036980_22425029.jpg
 実際のタイトルロールともいえるバヤゼット役はドミンゴ。高度な技巧が求められるアリアも多く、歌唱的にはかなり厳しいものになるだろうと危惧していたが、それ以外では深みのある声がドラマに重厚さと説得力を加え、さすがの歌役者ぶり。いまだ健在であることが十分に伝わってきた(映像ではさんざん観てきているのに、実際に聴くのは初めて。ミーハー的に嬉しかった)。
 そしてヒロインのアステリアを歌ったマリア・グラツィア・スキアーヴォ、素晴らしかった!美声にムラがなく、安定した歌唱で、しっかりとドラマの中核を担っており、舞台に大きく貢献していたと思う。残虐なタメルラーノ役のベジュン・メータ、開演前に体調不良のアナウンスが流れたが、それを感じさせない見事な歌いっぷりに、さすがプロだと感心。芯の通ったクリアな美声には目が醒めるよう。
e0036980_23535674.jpg
 悩める王子、アンドローニコ役のフランコ・ファジョーリだが、アンドローニコだと彼の持ち味が十二分に発揮できなかったのかもしれない。第一幕と第二幕は声が曇り気味(不調だったのかも)で、ようやく第三幕になってから、まろやかな声と華やかな技巧捌きが冴えてきた感じ。来年に日本で聴くのを楽しみにしたい。
 そして私のお気に入りであるイレーネ(プライドが高いけれど、情にもろくて思い込んだら一直線)を歌うのは、マリアンヌ・クレバッサ。当日まで彼女が歌うとは知らなかった…。イレーネのアリアは大好きなのに、劇場で配役表を確認して「あら、そうだったの」と。コントラルト的な深い声は、イレーネにぴったりだったが、彼女の時だけオーケストラの調性が突然変わってしまうというか、違和感があり集中できず…。舞台姿はまるでパリ・コレのモデルのように綺麗で見とれてしまった。

 私にとっては十分にヘンデルを満喫した舞台だったけれど、第ニ幕を終えた時点で会場を後にする観客も多かったように思う。開始時には空席は目立たなかったものの、第三幕の開始時には私の前席の2名、並び席の3名は姿が見えなくなっていた。観光客で退屈になったのかどうなのかは分からないけれど…。カーテンコールでの反応は悪くなかったが、熱狂的というほどではなく…。開演は20時で、終演は日を超えて0時30分頃。スカラ座からすぐの宿で良かったと。そんな時間になっても、キャストの出待ちをしているファンが多くて、私もと一瞬思ったけれど、さすがに疲れ果てていたので、あっさりと宿に戻ってしまった。

[PR]
 なんといっても序曲からペトレンコの指揮によるオーケストラ演奏が素晴らしく、先週のスカラ座の余韻が吹き飛んでしまうほど見応えのある舞台だった。
 オーケストラ、歌手ともにペトレンコのペースに付いていくのが大変そうな箇所も見受けられたが、この方は自分の作りたい音楽がかなりクリアなのだろうと。
 ヴェーヌスベルク(快楽の園)の音楽の鋭さと対比するように、ヴァルトブルクの場面では歌心に溢れた流麗さがあり、その緻密で滑らかな美しさに、ちょっとワーグナーではないみたいだ(今まで接してきたワーグナーとは違う)と感じたり…。
 私は《タンホイザー》の音楽には共感できるものの、台本には正直言って古さを感じるというか、そのドラマに共感できない。その認識を覆してくれるような演出に出会えることがあればと思っているが、ともかく、日本に居ながらにして、ここまで指揮、歌手、オーケストラと高レベルで揃い踏みした公演に接することができるとは、なんと幸せなことだろうか。
 
 この日本に居ながらにして…、つまり引っ越し公演について会場で配布されているNBSニュースに記事があり、一応オペラ愛好家(年に数えるほどしか行かないので、そう名乗るのは気が引けるが)としては興味深く読んだ。
 一般的にオペラがハイカルチャーであるという意識は、日本だけではなく、観客の高齢化もまた同様だろう。しかし、クラシック音楽と同様に、オペラの生命力には凄いものがある。これだけ人の感情を揺さぶり、美を感じさせるものが、観客の高齢化とはいえ、そうそう世の中から消え去るとは思えない。そして、その素晴らしさを皆に知ってほしい、特に若い人に、また聴いてみたいという人にはもっと気軽(もちろん値段も)に体験してもらって、その美しさに感動してほしい、感動をより大勢の方と共有したいという想いはもちろんある、自分ではなかなか具体的な形に出せないのが残念だが…。

[PR]
e0036980_23542644.jpg
 始めて私がヘンデルのオペラ上演に接したのはパリ(シャンゼリゼ劇場)だった。それから10年以上が経ち、こうしてミラノ・スカラ座でヘンデルの上演に接することになろうとは、思いも寄らぬ時の流れ。
 この作品に初めて接したのは10年近く前になるのではないだろうか。ハレで行なわれているヘンデル音楽祭の上演の映像で、ピノック指揮のもの。ヘンデルのこれぞ天才の技ともいえる音楽の迸りに、一目惚れならぬ一聴惚れで、何度聴いても聴き飽きるということがない。台本と歌手に恵まれたオペラ時代のピークに作られ、傑作と言われるのも納得の作品である。
 なんといっても各キャラクターが音楽によって見事に描き分けられているのが素晴らしく、また、従来のスタイルを逸脱するほどの技法を駆使してドラマを創り上げている。そこからは、ヘンデルがいかに説得力をもった人間ドラマを創り上げるかということに主眼を置いていたことがよく伝わってくる。
e0036980_21275083.jpg
 物語は、タタール皇帝タメルラーノと、その捕虜となったトルコ皇帝バヤゼットとその娘アステリアを巡る悲劇。
 演出ではロシア革命に置き換えられていたものの、台本はその時代の定番スタイルに概ね沿ったものであり、どのような演出となっても(ヘンデルの権威であったディーン博士の著書にある「タメルラーノに、最初のアリアの歌い始めに逆立ちさせたり、そのほか考えうる限りの滅茶苦茶をいくつかのアリアに持ち込み、さらにヘンデルがきっぱりと捨てた音楽を元の場所に戻して、第2幕の素晴らしいフィナーレを台無しにしたのである」というような例は、さすがに今では無いと思いたいが)根本的には作品の解釈に影響を与えないように思う。政治的なものより、冷徹な君主に翻弄される恋人達の心情や親子の情愛、誇り高き英雄の嘆きが軸となっているためである。そうした意味では、やはりオペラ(「ロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージック」の、つまり商業的な)だな、と。
 ロシア革命の生々しい臨場感はあまり感じられなかったものの、舞台的には大変美しく、衣装もなんとエレガントなこと!スカラ座にはマッチしていた。オーケストラも歌手もバランスが取れており、安定感のあるヘンデルを聴くことができた。

★歌手については、また後日…。

[PR]
e0036980_20434815.jpg
 イタリアでの音楽の旅を終え、本日無事に帰国しました。トリノ&ミラノでの音楽祭に締めはスカラ座でのヘンデル。
 昨年はローマ歌劇場でパーセルを聴いたが、イタリアまで来ておきながらバロック系を選択してしまうのは好みゆえ、仕方がない...。
 今回の旅はスカラ座の公演を軸に組み立てたが、音楽祭も体験したことで、コンサートの在り方(音楽への向き合い方)の日本との違いにも思いを巡らせざるを得ないような心境になった。いろいろな気づきを得られて貴重な体験をさせてもらった。ありがとう、MITO音楽祭&スカラ座。また、ゆっくりと体験を振り返っていきたい。
e0036980_21223400.jpg
e0036980_21190210.jpg


[PR]