私がもしヴァイオリンを弾けるのではあれば、真っ先に弾きたいのがシベリウスのヴァイオリン協奏曲だ。その曲からは、北欧フィンランドの豊かな自然から溢れ出る、澄み切った大気が浮かび上がり、素晴らしい彼の国の光景を想い起さずにはいられない。このヴァイオリン協奏曲はそれこそ昔…、10代後半頃に聴いて感動し、それからシベリウスの交響曲や《トゥオネラの白鳥》《悲しきワルツ》《フィンランディア》など著名な曲を選んで聴いていた記憶がある。しかし、実演ではシベリウスの曲を聴いた記憶がない(忘れてしまったのかも)。社会人になりたての20代初めの頃は、それこそオーケストラの定期会員になって曲を選ばず聴きに行ったものだが、それも昔のことである。

 今回の《クレルヴォ交響曲》は、シベリウスの若かりし頃の作品とのことで興味を惹かれ(聴いたことがないものだと食指が動く)、そして都響の演奏ということで楽しみにしていた。
 指揮のリントゥも接するのは初めて。都響はここ数年、年に何回かは聴いているが、前半は荒いというかガサついた響きで、あれ、いつもこんな演奏だったろうか、と自分の気持ちが乗らず(曲に気持ちが揺り動かされると、必ず身体的な反応が出てくる、つまり自分が曲に巻き込まれていく感覚を味わえるのだが、全く反応なし)。曲の構成もシベリウスの個性がはっきりとは見えない感じで、どこかで聴いたことのあるような調べが流れていくなぁという印象。
 
 これが、第三楽章の始めに声楽が入ってきたとたん、打って変わって躍動感みなぎる、生き生きとした調べが会場を満たし、オーケストラも美しい滑らかさと荘厳さで、緊迫感のあるドラマを形作っていく。合唱は、粒の揃ったくっきりとした響き(フィンランド語!)で物語を伝え、素晴らしい歌声。気迫の籠ったエネルギッシュな指揮にオーケストラも渾身の演奏で、後半は全く見事というほかない。
 アンコールの《フィンランディア》もお国ものということで、感動を覚えないわけがない。ただ、これは私の趣味の問題だと思うが、あまり大仰なのは苦手。大仰というのは、オーケストラ自体の規模が演奏主体として大きいので、自ずと会場も大きく、観客も多くなる。
 オペラを除いては、できるだけ小さな会場の親密な空間で、音楽(楽器や奏者、観客との一体感を含めて)を味わうのが好きなので、私にとっては、やはり大きすぎると改めて感じた一時でもあった。

 音楽と最も一体感を感じるのは、やはり自分でピアノを奏でている時なのかもしれない、バッハを弾く時の、あの心震えるような愉悦を超えることがあるのだろうか、と。

[PR]
e0036980_20382465.jpg
トリノのテアトロ・レージョ前、今シーズンの公演ポスター
オープニング公演は《トリスタンとイゾルデ》
《Trisutano e Isotta》と囁くと、違うオペラのような不思議な響き
e0036980_20392131.jpg
 オペラ・ファンの端くれとしては、トリノへ来たからにはここへ詣でねばと思うのは当然なのだが、オマーンで引っ越し公演中(演目は《アイーダ》)だったため、今回は残念ながらオペラ鑑賞ならず。この劇場はプッチーニとも所縁が深く《マノン・レスコー》《ラ・ボエーム》が初演されており、それを思うと胸がじんわりと熱くなる。いつの日か、ここでオペラを観たいものだ、と。
e0036980_20393844.jpg
 諦めきれず、外から内部をジロジロと観察。ここもエレガントな劇場で溜息。
 私は「劇場」が与えてくれる、ひと時の非日常性が好きだ。劇場は、舞台へと続く魅惑的な世界への入り口であり、劇場に観客として入った時から、すでに劇は始まっている。
e0036980_20410650.jpg
トリノの宿はここから1,2分という近さ。劇場前を通り過ぎる度に「ああ、オペラが観たい…」(泣)となる。
入口上にはオペラの演目が掲げられているが、見ていくと定番ものはもちろん、モンテヴェルディ《オルフェオ》、ヴェルディ《十字軍のロンバルディア人》、プーランク《人間の声》、アンドリュー・ロイド=ウェバー《エビータ》とミュージカルも、そしてヴォルフ=フェラーリ《スザンナの秘密》というラインナップで、羨ましさのあまり卒倒しそうになる。


[PR]
e0036980_22512470.jpg
 昨日、クフ王のピラミッドで未知の巨大空間を発見したという番組を、古代へのロマンを感じながら観た。解明されていない空間に何があるのか、様々な推測がなされているが、早く実際を知りたいという気持ちは皆同じだろう。クフ王のミイラが安置され、そこを煌びやかな埋葬品が取り囲んでいるのか、もしくは只の空間なのか、それとも…。続報をドキドキしながら待ちたい。
e0036980_22522895.jpg
 上野の東京国立博物館の東洋館にもエジプト・コレクションがあるが、トリノのエジプト博物館はカイロに次ぐコレクションの規模で、観光ルートとして有名かつ大人気だ。私が訪れた際もかなり混み合っていた。場所は中心部に位置しており、立ち寄りやすい。
e0036980_22530381.jpg
 内部は近代的な構造となっており、大変見やすい配置。大きいものから小さなものに至るまで、想像以上の膨大さで、よくまぁ、これだけ持ってきたものだと…。ミイラも様々で、人はもちろんワニやら猫やら次から次へで、もう一生分観たような気がする。
e0036980_22533868.jpg
 目玉の彫像の間は迫力だった。凄いなぁと思うのは、古代エジプト人の描く壁画やパピルス画。平面でありながら動物や人物など、非常にリアリティがあって適格な表現、線に迷いがなく、美的センスの高さに感心。生活用具のあれこれも、造形的には現代と形はほぼ同じようなものもたくさんあり、紀元前ウン千年からこんなに高度な技術を有していたとは信じられないと、改めて圧倒されてしまった。
e0036980_22544337.jpg

[PR]
e0036980_21394242.jpg
パスタコーナーで頂いた、イータリー特製のポモドーロ・スパゲッティ。
味が濃くて、生パスタはモチモチ。これだけでお腹一杯! 

 自動車博物館へ向かうため、メトロのリンゴット駅で下車後、テクテクと人通りの少ない道を歩いていると、突然色鮮やかなショッピングセンターのようなものが出現、そこには大きく「EATALY」の文字が見える。「あら、こんな所に」と思わず店内へ。名前は知っていたものの、東京にもあるという店舗には行ったことがなく…。それにしても東京にも店舗があるなんて凄い、わざわざイタリアまで来なくてもいいし、日本ってなんでもあるのよね、と感心してしまう。
e0036980_21401075.jpg
 私は食が細いのだけれど(それでは不健康なので、もっと食べなくてはと思っている)、そんな私にとっても店内を巡るのは楽しい。このピッツァ、お持ち帰り♪
 他にも野菜や果物、チーズ、鮮魚、精肉、パスタ、ワイン、ドルチェ…。どれも美味しそう、充実の品揃えで、パスタコーナーでは種類の多さにやはり腰を抜かす(いったい何種類あるのやら)。それぞれのコーナーにイートインスペースが設けられているのがアイデア、このあたりがイータリーらしいのかな。
e0036980_21061861.jpg
 自動車博物館からの帰り道にまた寄って、ジェラートで一息。まだ暑さの残る季節には、沁みる美味しさ…、店内はそんなに混んでいないので、しばしのんびり。ここでもパスティッチ―二が美味しそうで溜息。ジェラートのお味はフラーゴラ&リモーネ(イチゴ&レモン)。リモーネは必ず選んでしまうほど好きなの。

[PR]