e0036980_23244439.jpg
 今月初めまで開催されていた《ティツィアーノとヴェネツィア派展》で、昨年のヴァティカン&ヴェネツィアで出会って惹かれたマルコ・パルメッツァーノの名前を見つけたときは嬉しかった。今回の美術展では、さすがヴェネツィア派、ティツィアーノやベッリーニ、ティントレットという巨匠のほかにも、様々な画家がひしめいていて層の厚さを感じずにはいられない。
e0036980_23252194.jpg
 ここでのマルコ・パルメッツァーノは2点。どちらもヴィチェンツァのキエリカーティ宮絵画館からのもの(ヴィチェンツァ、行きたかったな...)。この作品もマルコ・パルメッツァーノらしさがよく表れているけれども、ヴェネツィアで観たものは、色彩と聖人たちの佇まいが際立って美しく、目を奪われてしまった。
e0036980_23273817.jpg
 構図はジョヴァンニ・ベッリーニの《ピエタ》に明らかに由来しているとのことで、ヴァティカンで観たその《ピエタ》を。こうしてみると、ジョヴァンニ・ベッリーニは、ただただ素晴らしい。

[PR]
e0036980_20541854.jpg
 毎年のことながら、年度末から年度初めは何かと気忙しく落ち着かない日々が続く。仕事中心の日々なので致し方ないとはいえ、こちらのブログも放置状態だ。
 今年の桜はあいにく天候には恵まれず、また改まって桜見物に出掛ける余裕もなかったが、近所を車で少し回るだけでも花見が楽しめて満足。
 コンサートや美術展へ行く機会も減ったが、無理をしないでカジュアルに自宅で音楽を聴いたり、本を読んだり、近所のシネコンで映画を観たりと、できるだけ時を忘れて楽しめる機会を持つようにしたいなと。

e0036980_21215820.jpg
 最近読んだ本から。

 内澤さんの本は『身体のいいなり』が評判になった際に、初めて手に取った。私と同じように大病をされたこと、ヨガに嵌まったというところに(私が勝手に)共通点を感じて、興味深く読んだことを覚えている。身体のダイレクトな変化とともに精神面も変化していくところが、内澤さんの表現で率直に綴られていて、そのストレートさには爽快感さえ感じられるほど。女性として、こうたくましくありたいと思わせてくれる骨太な生き方がカッコいいなぁ。

 先月の新聞の読書欄に、内澤さんによる移住についての寄稿文とお勧めの本が載っていたが、この『漂うままに島に着き』は都会から地方へ移住した体験のエッセー。
「いつのまにか、地方よりも都会が、東京が、ディストピアになってしまったのだと思う」という一文に深くうなづかされた。私も一応東京生まれ、東京育ちだが、この見渡す限りのコンクリートジャングルに埋もれていると、なんと自然というものから遠く隔たってしまっているのかと、唖然とすることがある。そして時折感じる息苦しさ、人間も自然の生き物なのに。
「家の石垣に腰かけて、ヤギのカヨとカヨの息子のタメと、青い青い海を眺めていると、綺麗すぎて、自分は実はもう死んでるんじゃないかとすら思う。…楽しすぎるんだけど、これ夢じゃないの?とも」。読者として、そのシーンを想像しただけでも、まるでユートピアのよう。本当の豊かさとはいったい何を指すのだろうか?実体験に基づいたリアルな洞察が、そこにはある。

[PR]
# by marupuri23 | 2017-04-09 22:02 | | Comments(0)
e0036980_00135602.jpg
 春を感じるとはいえ、まだ寒さが抜けず桜の開花が待ち遠しい日々。今日はオール・イタリアン・プログラムのコンサートへ。イタリア文化会館が会場ということで、これ以上に嵌まる場所もないというもの。
 東京ヴィヴァルディ合奏団の演奏で、まずはヴィヴァルディのヴァイオリンコンチェルト《恋人たち》。この華やかな響きの色合いに浮かび上がるのは、やはりヴェネツィア。ああ、美しいところだったと情景がよみがえり、郷愁の念に駆られてしまう。
 
 ヴィヴァルディのあとは、どれも初めて聴く曲。
 ロッシーニ《チェロとコントラバスのための二重奏曲》は、最後に演奏されたドニゼッティ《弦楽四重奏曲 第5番(弦楽合奏版)》とともに、雰囲気がまさにオペラ。ロッシーニは低音楽器で、ユニークな構成だけれど、それでも十分にオペラ・ブッファで感じるような愉悦を感じさせてくれるのはさすが。圧倒的だったのがドニゼッティ、オペラの縮小版ともいえるほどの曲の完成度の高さに驚いてしまった。今までドニゼッティのオペラを積極的に聴いてきたとはいえないが、この弦楽四重奏曲を聴いて「あー、やはりこれは直球ど真ん中のイタリアものだ。イタリア魂を感じるなぁ。」と改めて納得。演奏がとってもよくて、大満足。

 そしてボッシ《ゴルドーニ間奏曲》、ボッケリーニ《弦楽五重奏曲「マドリードの夜の音楽」》。
 《ゴルドーニ間奏曲》はその名の通り、ヴェネツィアの劇作家ゴルドーニから。戯曲を想い起させ、まるで音楽による喜劇のよう。ドタバタ感や皮肉めいた言い回しが溢れ出るかのごとくで、楽しい気分が盛り上がること!ボッシは19世紀後半なので、書法もモダン。気に入ったので、全曲版でまた聴きたいな。ボッケリーニは、こんなに楽しい曲も作っていたんだと。渋い曲のイメージがあるので、新鮮だった。

 音楽だけでも体全体でイタリアを感じられる、今回のプログラム。イタリアの情熱に包まれて、充実感たっぷりだった。

e0036980_00160937.jpg
休憩時にいただいたサンドウィッチ&サブレ。美味しかった♪

[PR]
e0036980_22044880.jpg
―ヴェニスをその街にふさわしく愛する方法はただひとつ、その街にしばしば触れさせる機会を与えることであり、そのためにはぐずぐずとその街に居据わって長居し、どこかに飛んで行って、また舞い戻ってくることだ―『郷愁のイタリア』ヘンリー・ジェイムズ著/千葉雄一郎訳
e0036980_22141983.jpg
 ヘンリー・ジェイムズは私の好きな作家。私も実際にここを訪れて、彼が愛したヴェネツィアの面影が、今でもそのままに感じられるのは嬉しかった。ヴェネツィアでは、夜も音楽鑑賞のため出歩いていたので、必然的に3日間とも22時過ぎまで街中を横断していたことになる。
e0036980_22081495.jpg
 こうしたメインストリートは夜でも艶やかで、雰囲気を十分に味わうことができるのだが、私の泊まっていた宿はサン・マルコ広場の裏手にあり、迷いやすい場所。夜になると、細い路地が入り組んでいるため、位置が分かりにくくなり、人っ子一人いない薄暗い路地(しかも一人がやっと通れるぐらいの狭さ)をドキドキしながら駆け抜けることが数回あった。
 でも、そうした迷宮的なところこそ、今まさにヴェネツィアにいるのだということを実感した瞬間でもあった。ボーッとオレンジのライトで照らされている誰もいない狭い路地と、小さな橋のかかったいくつかの運河を超えて宿に戻るのだ。
 ヘンリー・ジェイムズの言う通りに、いつか、あの迷宮へまた舞い戻ってきたい。

[PR]
e0036980_22562168.jpg
 今回のイタリアの旅では、美しき女性の聖人にたくさん出会うことができたのだが、ヴェネツィア・アカデミア美術館でのジョヴァンニ・ベッリーニの女性像には、一目で心を奪われてしまった。数百年前とはとても思えない、最近描かれたような新鮮さには、驚きすら感じる。
 この《聖会話》では聖カタリナの真っ直ぐな瞳と、乙女の初々しいさを感じさせる描写にうっとり。
e0036980_22573148.jpg
そして聖母子。こちらはまだ初期ルネサンスの硬質さが感じられるところがいいなと。
e0036980_22574753.jpg


[PR]
e0036980_22424212.jpg
 ここ最近はバロック&古典派中心のレッスンなので、たまには息抜きで系統の違う小曲を弾きたい…と思ってコルンゴルト《死の都》から大好きな「リュートの歌」。
 「サラッと弾きたい」…のつもりだったのに、結構難度が高いことが分かり、適当にごまかしながら練習中。先生に聴いてもらったが、この曲を聴いたことがない先生は「??」と感想も言えない感じで、コルンゴルトにも先生にも申し訳なく…。自分的にはうっとりしているのけれど、少しでも人様に伝わるように頑張りたい。
 先月にウィーン・フォルクスオーパーでは《ヘリアーネの奇跡》が上演(演奏会形式)。実際に聴いてみたいので、羨ましいなと。CDで聴いたときは作曲当時のコルンゴルトの心情と重なるように思え、胸が詰まった。時代に翻弄されながらも、その時代からこそ作り得た音楽でもあるのだろう、と。

[PR]
e0036980_21413447.jpg
サンタ・マリア・デラ・サルーテ聖堂前から見るカナル・グランデの眺め
e0036980_21491053.jpg
 ヘンリー・ジェイムズは、この聖堂を「サロンの敷居に立つすばらしい淑女のような姿」「サルーテ教会はかつて画家たちが語ったよりも一層豊かであり穏やかで、扉口も落ち着いて見えるのだが、丸屋根に渦巻型の装飾があり、扇型の控え壁と彫像群がはなやかな王冠をなしていて、広い階段がさながらローブの裾のように水面に達している。この絶世の美女のような風格…」と褒め称えている。
e0036980_21592790.jpg
 中の空間は思ったよりも広々。この主祭壇はロンゲーナが構想し、ジュスト・ル・クールが制作したもの。ほか、ティツィアーノやティントレットの名画もあるが、今回は観れず残念。

[PR]
 音楽との運命的な出会いというのは大げさかもしれないが、そうしたものを今までに何度か体験してきた。メシアンもそのうちの一つだ。曲を実際に聴いたのは、ここ最近のこと(昨年のコンサートにて)。
 そのときは、メシアンの曲が目当てではなかったが、プログラムに入っていた《世の終わりのための四重奏曲》に、強烈な印象を受けた。これほどまでに生と死の境目が限りなく薄くなっていくような「彼岸」の世界を感じさせてくれる体験は初めてで、それから、メシアンは私にとって特別な作曲家の一人となった。この世界は、実際に奏でられる音を聴かなければ、体験できなかったかもしれない。そう、メシアンの音楽は「聴く」というよりも、「体験(その響きの世界を身体全体で感じる)」として捉えるのが、私にはぴったりとくる。

 今回は3回目のメシアン。
 現代音楽に共通する部分かもしれないが、メシアンの曲は伝統的な音楽構成の要素を否定しながらも、音楽の持ちうる力—時を操作しようとする意思をとても強く感じる。時を流れゆくままにさせるのではなく、時と空間を歪ませて(もしくは広げて)、現世ではない別次元の世界に引き込むような…。
 今回の〈彼方の閃光〉では、確かに永遠を感じさせるものが聴こえていた。「私が彼岸を、永遠を信じているからです」とメシアンは語っていたそうだが、そうでなければ、これほどまでの説得力を持つ音楽は生まれてこないだろうと思う。
 武満さん曰く、メシアンは大変な理論家で、「かなり数理的な操作で曲を作っているようだけど、実際には、直感的に作曲していたんだと思うんです。」(『武満徹・音楽創造への旅』立花隆著 より)

 〈彼方の閃光〉の第5楽章〝愛の中に棲む”は、とても不思議な感覚、何か大いなるものの胎内にいるような安らぎと陶酔感だった。第8楽章〝星たちと栄光”で奏でられるコラールは、声楽は入っていないのに、トゥッティの壮大な響きに包まれ、生きとし生けるもの全てが天に向けて謳いあげているような感覚で、身震いしてしまいそうに。
 私にとってはまだまだ未知のメシアン。今後も体験する機会を楽しみにしたい。

[PR]
e0036980_22410373.jpg
 カ・レッツオーニコと同様に、ロンゲーナが手掛けたサンタ・マリア・デラ・サルーテ聖堂へ。
 「サルーテ」は健康という意味、乾杯の際にも「サルーテ!」と言うので覚えやすい名前。この聖堂はヴェネツィアの景観には欠かせないもの。
e0036980_22473790.jpg
 アカデミア橋から見る聖堂の姿は、まさにヴェネーツィア。外観は白いイストリア産大理石で作られ、聖母の被る王冠を表しているそうだが、本当に優雅な女王の風情。

[PR]
e0036980_22005102.jpg
隅田川沿いの梅がちょうど見頃に。薫りに包まれる感じ。
 
 時はまさに梅の頃、能《梅枝》の鑑賞へ。
能について何か言うならば「100回観てから物申せ」とは白洲正子さんの言葉だが、やはり何かしらの感想を残しておきたいなと。オーディオガイドでの「歌舞伎は観て楽しむもの。能はやって楽しむもの」というのも、よく分かるが、日本文化のエッセンスがギュッと詰まったこの音楽劇は本当に魅力的で、それはやはり自分が日本人であるということに尽きるのだろう、身に沁み込んでいく親密感があり、故郷に戻るような懐かしさと安堵感を与えてくれる。

 音楽劇なので、その音に身を浸すのも別世界に誘われる体験なのだが、今回はシテの高梨さんの謡が、声自体にも深みがあってまさに「幽玄」な響き、うっとりしてしまった。どうしたら、人間ではないような、こうした声(優美で官能的でもあって…)が出るのかと不思議…。

 《梅枝》では、亡くなった夫への愛着心が強すぎて成仏できずに苦しんでいる妻が、執着を断つために懺悔の舞を披露する。夫の楽人が纏っていた甲と衣を身に着けて舞う姿は、装束の金色が映えて雅やかだが、夫への思慕を断ちがたいさまが、夫も奏でたであろう「青海波」や「越天楽」「想夫恋」などの雅楽の名にかけて謡われ、膝をついて涙にくれる場面は切ない。執念の生々しさを感じるものだった。

 詞章の「梅が枝にこそ 鶯は巣をくへ 風吹かばいかにせん 花に宿る鶯」は、越天楽今様の歌詞としてうたわれていたもののよう。今日訪れた隅田川の梅にも綺麗な黄緑色のメジロが数羽、蜜を吸いにきていて、ああこれが鶯であったなら、というのはメジロに失礼だな、と。

[PR]