e0036980_20435328.jpg
 スタンダールがその音楽に対して「…目が眩み、魂を奪う」と記し独創的天才と讃えたロッシーニ。ナポリ王宮から続くサン・カルロ劇場博物館にて没後150年展が開催されていた。こうした展覧会があるとは知らなかったので、(一応)オペラ愛好家としては、驚くと同時に嬉しさのあまり気分が高揚。ロッシーニの作品にはナポリ初演のものが10作品ほどあって、この地と所縁深いのはもちろんだが、ナポリにも熱狂をもたらしたのだ。
e0036980_21161062.jpg
 開場入口にはスタンダールのコメントが。彼の著した『ロッシーニ伝』には「チマローザが去り、パイジェッロが作曲を止めると、一人の独創的天才(=ロッシーニ)が現れるまで、イタリア音楽は衰えた」「ロッシーニはチマローザを崇拝し、目に涙を浮かべて語る」とある。
 スタンダール曰く「カノーヴァ亡き後、(ロッシーニは)現存する最大の芸術家なのだ。後世はどのような評価を下すだろうか。そればかりは判定のしようがない。」
e0036980_22080276.jpg
 モンセラート・カバリエが身に付けた《エルミオーネ》の衣装。ナポリ初演でコルブラン(ロッシーニの奥様)が歌っている。大好きなラシーヌの『アンドロマック』が原作。確かにアンドロマックよりもエルミオーネの方が印象深い。所謂、敵役ではあるが、この戯曲のように主役のヒロインが喰われてしまうようなパターンって多いのではないかと思う。…が、肝心のオペラを聴いたことがない。日本で聴くのは一生無理かも。

[PR]
e0036980_21094602.jpg
 チマローザのオペラ・ブッファの続きで…。名高いナポリの大作曲家なので、サン・カルロ劇場にいらっしゃいましたが、実際の上演に接したことがないのが残念。ブッファ、楽しいだろうな。
e0036980_21271370.jpg
 こちら手前にはパイジェッロが。チマローザと並ぶナポリの大作曲家である。オペラは実演で接した覚えがあるのだが、はっきりと思い出せない(ごめんなさい)。《うつろの心》が馴染み深い。
e0036980_21341273.jpg
 可愛らしい雰囲気のホワイエに、オペラ衣装の展示もあったりする。出入り自由だが、ブッフェは別の場所にあるので、他には何も無くてガラガラ。ここをブッフェにすればいいのにな、と。


[PR]
e0036980_21432863.jpg
 まるで純白のレースのような大理石ホールを上ると宮廷劇場に。この劇場は現役で、バロック・オペラなどはここで上演されているそう。オーケストラの規模からみても、大きさ的にはぴったり。オーケストラピットもしっかりとあり、手入れの行き届いている印象だ。機会があれば、ここでオペラを観てみたいもの。バロックものでなくても…ああ、ここはナポリなのだった。ナポリ派の、例えばパイジェッロ、チマローザ、ピッチンニ、ヨンメッリ、ペルゴレージ…、挙げればきりがないことに気づく。ここで観れたら最高。
e0036980_22132679.jpg
 こちらサン・カルロ劇場のカタログから、チマローザ《宮廷楽士長》の舞台。カゼルタ(ナポリ王家の住まい)の宮廷劇場で1994年に上演されたもの。いいなぁ…実際に観てみたかったと、ただただ溜息。
 チマローザ《みじめな劇場支配人》は一昨年レザール・フロリサンでちょこっと聴いたけれど、笑えるドタバタ喜劇で楽しかった!ナポリ初演のこのオペラは、ゲーテもローマで聴いて魅了されたのだ。ロッシーニ以外のブッファ、もっと聴きたい。
e0036980_22460094.jpg
 劇場後ろにはロイヤルボックスが。ここは1768年に造られたとのことで、サン・カルロ劇場より30年ほど後。サン・カルロ劇場はナポリ派を始めとする作曲家のみならず、メタスタージオなどの台本作家らが、さあどうだと言わんばかりに目につくが(彫像やら名前を掲げたプレートやら…)、こちらは芸術の神々に囲まれた空間。

[PR]
e0036980_22103876.jpg
 フィレンツェを発ちナポリの宿に到着して一息。20時からサン・カルロ劇場なので、下見も兼ねて劇場隣の王宮へ。一歩足を踏み入れたとたん、純白の華麗なレースを思わせるような大理石ホールに驚愕。まあエレガントなこと!
e0036980_22224398.jpg
 ブルボン家によるこの王宮は、公式な祝祭で使用されていたとのこと(住まいはカゼルタ)。大階段の凝った装飾を眺めているだけで、あっという間に時間が経ってしまう。
e0036980_22300449.jpg
 天井のレリーフも様々で見応えあり。ナポリ王家の紋章も見える。見学者はとても少なく(皆、海に行ってしまうのだろうか)、というかほとんど人がいなくて、貸し切り状態なのはいいが、確か20時まで開場しているはずなのに、私が見学し終えた後から、次々と部屋を閉め鍵まで掛けていくのである。…まだ16時頃なのに、私が最後の客ということのようだ。
 ナポリの美術館及び博物館の開館時間は当てにならないというのはこのことかと納得。やはり早めに行くのが肝心。

[PR]
e0036980_20451960.jpg
 ホテル・キアイアでは「本場のナポリ銘菓をどうぞ!」とロビーにスイーツが用意されている。次の日は新鮮なフルーツで、これは嬉しいサービス。これぐらいミニサイズだと食べ比べられるのでありがたい。通常サイズのスフォリアテッラやババを食べると、それだけでお腹一杯になってしまう。
e0036980_20454162.jpg
 朝食にもミニサイズのスフォリアテッラ。初めて口にした際は、生地のパリパリ感が凄くて、歯に刺さって(!)痛いぐらいだなと。…このパリパリ感がクセになるのかも。
e0036980_21084670.jpg
  宿近くの大きなプレビシート広場。中央の聖堂には入らなかったが、ローマのパンテオン(こちらは行った)に似ているそう。昔はこの広場も違法駐車の多い無法地帯で荒れていたそうだが、今ではこんなにすっきり。

[PR]
e0036980_21231584.jpg
中庭に面した部屋。通りの賑やかさはここまで届かず、静かで心地いい。
 
 ナポリでの宿は劇場近くのホテル・キアイア(3つ星ホテル)。
 キアイア通りは昔から目抜き通りの一つだが、大きな通りではなく車も入れないので、宿を取るにはちょっと不便かも。タクシーならば、キアイア通り入口で降ろされ、後は自力でガラガラとスーツケースを引きずりながらホテルへ辿り着くことになる。また宿の入口が分かりにくいのが難点。フロント・デスクが3階にあるので、エレベーターを使用するのだが、そのエレベーターがまた分かりにくい…。古い建物なので仕方がないが、とってもいい宿だったので(沢山おやつが出るの)、サン・カルロ劇場に行かれるならお薦めしたい。
e0036980_21225496.jpg
 一人にはちょうどいい広さ。ゆったり、のんびり。これでポットも付いていればよかったのだけど。
e0036980_21223561.jpg
 こちらがキアイア通りの入口。左手にはカフェ・ガンブリヌス、右手にはこれまた絶品スイーツ屋さんレオポルドがあって、 スフォリアテッラやババの食べ比べである。宿はここから5分もかからないほど。


[PR]
e0036980_21420862.jpg
 築地の「パラディーゾ」でナポリ銘菓ババをいただいたが、こちらはナポリの老舗カフエ・ガンブリヌスの「カフェ・ババ」。
 ミニサイズのババがちょこんと乗っかっているが、これが美味しくて、もう感激。ババが香り高くて、しっとり。エスプレッソの苦味とのバランス抜群。このカフェはサン・カルロ劇場のすぐ目の前(ということは宿の近くでもある)で、また深夜まで営業しているので、オペラがはねた後などに立ち寄っていた。
 同じくオペラ鑑賞後に立ち寄ったと思われる隣のカップル(たぶん地元の方)は、通常サイズババ(結構大きい)をカウンターでパクパクっと平らげて、サッと店を後にしていった。さすがだ。
e0036980_21421801.jpg
観光名所なので、メニューも数か国語で記載あり。日本語もございます。ジェラートも種類豊富。
e0036980_21423256.jpg
 優美な店内で美味しいカフェとドルチェを味わいながら、オペラの余韻に浸れるナポリもいい。サン・カルロ劇場内のカフェでも、休憩中にババ(その他いろいろ)をいただくことができる。たぶん、ここのババかな。

[PR]
e0036980_22425516.jpg
 東劇でMETライブビューイング《トゥーランドット》を鑑賞後、近くの築地にあるイタリアン「パラディ―ゾ」へ。イタリア・オペラのあとはイタリアンで〆るという王道コース。
 店の表札がいい感じ。リモーネの装飾が南国らしいアルファベートのマヨルカ焼き、カプリ島ではあちこちで売られていたが、結構いいお値段がするので(1つ5€ぐらい)、あっさり諦めたのだった…。
e0036980_22562121.jpg
 前菜盛り合わせでは、海藻入りゼッポレが登場で、思わず「懐かしい~」と。ふわふわ、サクサクで美味しい。この7月にナポリ・トレド通りの揚げ物屋「Passsione di Sofl」でいただいたのを思い出す。6€ぐらいで山盛りのフリットがいただけて、とても一人では食べきれず…。小魚の丸ごと揚げが特に香ばしくって、良かったなと。
e0036980_23080516.jpg
 パスタ料理はウニとチェリートマトのものを。極太のスパゲッティに濃厚なウニが絡んで、ワインが進んでしまう。あまり飲めないのだが、せっかくなのでサルデーニャの赤ワインを。…サルデーニャ産、初めていただくような。
 食前酒はベルモットソーダで、この香りにナポリのお菓子「ババ」が思い出されて、また食べたくなってしまう(メニューにあったので、デザートにいただいたの)。
 店内にはナポリのキアイア通り(だと思う)やスペイン地区の写真も。イタリア感満載の店内で、友人と「《トゥーランドット》の結末はどうあるべきか」とか、南イタリアの美味しいもの話とか、尽きることのないおしゃべりで楽しいひと時だった。


[PR]
e0036980_22242728.png
 終演後、鑑賞を共にした友人が「あのように人を愛することができればいいわね…」と溜息交じりに語っていたが、そう、このオペラは自らの全てを掛け、その恋が自らの破滅へと導くものであろうとも、それを承知で恋を貫き通す騎士デ・グリュ―の物語である。デ・グリュ―のひたむきな想いに答えるマノンの想いが重なるとき、プッチーニの才能の炎も燃え立つさまが手に取るように伝わり、胸をかき乱すような切ない音楽が、こちらの涙を誘ってやまない。
 その音楽は、プッチ―二が《マノン・レスコー》を作る際に宣言したという有名な台詞―「マスネが白粉やミヌエットでフランス人風にやるなら、僕はイタリア人らしく激しい情熱で作り上げる」—その通りに「激しい情熱」がそのままメロディーとなって流れ込んでいくような作品である。

 その情熱は作品にもちろん反映されているのだが、以前聴いたMETのルイージ指揮のものは、理性的で整然とした印象(もちろん盛り上がるツボは押さえているのだが)で、こうしたアプローチもあるだろうが、今回のオーケストラはざらつきはあるものの、「情熱」を十分に伝えてくれる演奏だった。何よりデ・グリューを歌ったクンデが素晴らしく、やはり3幕から涙が溢れてきて、4幕では泣きっぱなしだった。叶えられない恋を、自分の身に置き換えてしまうからなのだろう。恋は叶えられなかったからこそ、美しいといえるのかもしれないが。

 キアラ・ムーティによる演出は、1幕から砂漠を登場させ、写実的というよりは心理描写の強いもの。二幕でマノン以外の人の動きが止まってしまう場面が秀逸。終幕、砂漠で死に向かうマノンが過去を振り返っているような作りだ。色彩も淡く、砂漠の蜃気楼めいた儚さがあった。
 そういえば、先日の講演によればワーグナーからの感化が最も現れているのが、この作品とのこと。プッチーニはこの後ワーグナーの手法を乗り越え、さらに彼独自の世界へと進むことになる。


[PR]
e0036980_20150285.jpg
 「プッチーニの《トゥーランドット》はイタリア・オペラの到達点であり、そこから先へは誰も進むことができなかった」という納得の着地点で講演を締め括ったヴェネツィ氏は1990年生まれの新鋭指揮者。
 プッチーニの作品はオペラ劇場でのレパートリーには欠かせないものであり、また上演数が多いにも関わらず、愛好家や一般向けの講演会及びレクチャー等で取り上げられる機会が少ないのではないだろうか。ヴェルディやベルカントオペラ、バロックオペラなど、他のイタリア・オペラに比べ、日本においてはアカデミックには語られていないような印象がある。が、今回の講演はさすが指揮者である。プッチーニの作曲技法を中心に据えた内容で(とはいっても一般向けなので、専門用語は控えめ)、まさにプッチーニがイタリア・オペラの到達点であることが理論的に述べられていて、非常に勉強になった。
 
 具体的に「フォーム」「メロディー」「ライトモチーフ」「ハーモニー」と項目に分けて説明がされたが、《トスカ》の自筆スコアには「何事にも負けずに、〝旋律”、旋律のオペラを作ること」というプッチーニのメモが残されているそうである。旋律が常にはっきり表れるというのはイタリア的な特徴で、これはトスカーナ地方(カッチーニの名前が出てきたので「新しい音楽」=モノディ様式、フィレンツェのことだろうか、プッチーニはルッカ出身)で生まれた伝統的な形式に沿っているものとのこと。伝統の枠を壊すことなく、ドイツ、フランスの形式を融合させ、「”ヨーロッパ”のオペラ」と呼べるようなところまで持ってきたのがプッチーニで、結果イタリア・オペラを国際的な場へ引き出したのだった。

 ワーグナーの影響と対比(ライトモチーフの扱い方、半音階の用い方)なども詳しい話があり、話せばきりがないのだが、遺作《トゥーランドット》(私は《マノン・レスコー》と同じくらい好き)は表現主義的、特にアリア《この宮殿の中で》は無調へとーギリギリ調性を保つ限界までいってしまったということで、これではなかなか最後が決まらなかったであろうと、うなづけてしまう。
 いったい、プッチーニはどのようにして《トゥーランドット》を終わらせようとしたのだろうか。プッチーニのスケッチと、アルファーノの付け足し部分はほとんど異なっているそうだが、これは永遠の謎である。

[PR]