人気ブログランキング |
e0036980_19344054.jpg
パリ・ノートルダム大聖堂の楽長カンプラによるオペラ=バレ
1697年パレ・ロワイヤルで初演
指揮はマラン・マレ、演奏にはダングルベールが参加
 
 先日のコンサートでの予習として全曲盤を。2017年にヴェルサイユで録音されたもの。リュリとラモーの間の世代となるカンプラの作品を、こうした最新の演奏で聴けるのは喜び。
 指揮のデランはクラヴサン奏者。自身の古楽器オーケストラであるこのレ・ヌーヴォー・キャラクテールを立ち上げるまで、錚々たるチェンバロ奏者の薫陶を受けており、それもさもありなん、と納得の鮮やかな演奏。彼の持ち味なのだろうか、切れ味の鋭い、爽快感のあるスタイルだ。
 
 またCDジャケットがブーシェ『美の女神の勝利』で、内容とマッチしているのがいい(ブーシェはカンプラより一世代ほど後)。プロローグでは、美の女神と不和の女神がお互いの優位について言い争うのだが、最後はもちろん美の女神=愛の神の勝利と決まっている。
 プロローグの最後に、皆に疑念や恐怖を蔓延させようとする不和の女神に向かって、美の女神が「アモール(愛の神)がフランスを支配するのをみるがよい」と宣言。そしてまた序曲が繰り返され(当時はこの間に急いで舞台転換)、本題に入っていくというお馴染みパターンが最高。このバロックオペラに付きもののプロローグが大好きだ。これがカットされていると、がっかり…。

 本題=優雅なヨーロッパなので、舞台はフランス、スペイン、イタリア(ヴェネツィア)、そしてトルコ。それぞれ4か国の恋愛模様がお国柄を反映した音楽&台本で描かれていく。フランスでは羊飼いのカップルという、いかにもこの時代の牧歌劇らしさ。エレガント極まりない。スペインは情念の籠もった重々しいセレナーデと情熱的なバレ。イタリアのヴェネツィアでは、劇場に仮面&仮装で登場するのはお約束、カーニバル的で軽やかなお祭り音楽。トルコはハーレム&行進曲(モーツァルトのトルコ行進曲にも通じるような)、最後は皇帝の偉大さを讃える。
 ラモー《優雅なインドの国々》に、このスタイルが踏襲されているし、お国柄さまざまという点では、ゴルドーニの『抜け目のない未亡人』(求婚者がイギリス、フランス、スペイン、イタリア人)と共通する部分が想い起されて楽しい。

 時代を経ても、お国柄のイメージがあまり変化しておらず、音楽にも反映されているのが、本当に楽しい。最後は不和の女神が逃げ出して幕。
 モンテヴェルディのオペラでも、美徳や幸運の女神ですら幼子の姿であるアモーレに屈するのだから、まあ無敵である。

# by marupuri23 | 2019-06-27 22:02 | CD | Comments(0)
e0036980_20443990.jpg
 長年お世話になっているピアノの先生をお誘いして、フランス・バロックのコンサートへ。
 リュリ&カンプラのオペラ抜粋、これらを生演奏で聴くのは初めて。フランス・バロックの作曲家ラモーは私の偏愛対象なので、これまで遠征鑑賞やら自分で弾くやらしているのだが、ラモー以前の世代となると、より実演に接することが難しくなるような…(バッハ世代以前のバロックオペラ上演で多いのはモンテヴェルディくらいか)。もちろんCDやDVD、インターネットなどでは気軽に接することができるのでありがたい。

 今回のコンサートはそうした貴重な機会であるのに加えて、なんと正真正銘(当時の舞踏譜に基づいた)のバロックダンスが付いている!フランス・バロックオペラに欠かせないのが、このダンス=バレ。私も以前にバリ・オペラ座等でラモーのオペラ上演を観た際は、もちろん踊り付きだったもののモダンバレエ。こちらも悪くはないが、バロックダンスで観たいのが正直な気持ち。なんといっても「優雅」。それに今回は歌い手さんもいるのだ。ソプラノ&テノール、なんと贅沢…。

 リュリは有名どころの《アティス》《町人貴族》からの抜粋、そしてもちろん《アルミ―ド》のパッサカーユとレシ。カンプラは《優雅なヨーロッパ》抜粋。リュリは重厚、バロックを肌で感じる。その後のカンプラはロココに近い。
 オーケストラは音大学生が中心。若者らしい生き生きとした躍動感が気持ちよく、特にカンプラが軽やかで華やか、楽しいこと!管楽器やパーカッションの活躍が目を惹き、フランスらしい色彩感も十分。
 バロックダンス(2名の踊り手)は素晴らしく、その足さばきと軽やかな動きにただただ感心。音楽とダンスがこれほどまでにぴったりと合わさっている例ってあるだろうか、踊るための音楽ということが、実感として伝わってくる。
 フランスバロックものを初めて観たピアノの先生は「もうびっくりだわ」と。そして「演奏もよくて、また観たいと誰もが思うはず。次回も来たいわ」とのこと。私ももちろん、そう思う。

e0036980_20243848.jpg
スカラ座博物館の企画展「舞台でのマリア・カラス」にて
ゼフィレッリが演出したスカラ座でのロッシーニ《イタリアのトルコ人》

 きっと今頃、天上でマリア・カラスと再会して、オペラの世界も随分と様変わりしていることを報告しているのだろうな。映画はもちろんだが、やはりオペラの演出家として馴染み深く、これまで何度も楽しませていただいた。
 《ラ・トラヴィアータ》、《ラ・ボエーム》、《トゥーランドット》、《アイーダ》…。「醒めながら観る美しい夢」としてのオペラをまさに具現化してくれていた。そうしたオペラに対する夢や憧れがある限り、この方の演出はこれからも受け継がれていくだろう。
 レオナルド・ダ・ヴィンチの血縁という可能性があるそうだが、レオナルドも舞台演出家として自分を売り込み、実際に舞台を手掛けている。DNAの繋がりをこれほど感じる例があるだろうか…!ご冥福をお祈りいたします。
e0036980_21060530.jpg


e0036980_21064428.jpg
メーリンダム駅近くのCURRY36本店にて。
駐車中の業務用車が可愛い。

 ベルリンの思い出の味、カリーヴルスト。旅行中はあちらこちらと3店舗ぐらいで味わった記憶が…。この日はカリーヴルストで腹ごしらえをしてから、電車でポツダムへ向かったのだった。CURRY36本店、朝の時間帯でさすがに空いており、客はポツンと私だけ。登校中の子ども達にからかわれながらモグモグ。
e0036980_23185233.jpg
 …ポテト山盛り。ポテトにはマヨネーズをかけてくれることになっているのだが、私は苦手なので無し。ボリューム的にはそんなに多くないので、割とあっさり食べれてしまう。ヴルスト自体がやっぱりパリッとして美味しい♪

e0036980_21290127.jpg
 こちらコノプケのもの。こちらも朝、ベルリン・フィルハーモニーの下見に行く途中で腹ごしらえ…。コノプケも駅近。お客はやはり少なくて、工事現場の夜勤上がりと思われるおじちゃん達と一緒に食べた記憶が…。現地の方も絶賛するだけあって、こちらも美味しく、日本人の口にも合う感じ。
e0036980_21373875.jpg
 カリーヴルストの御伴はミルクコーヒー(Milchkaffee)。日本とは次元の違う美味しさ、大好き。イタリアのカプチーノより好みなの


e0036980_21024574.jpg
 昨年、ヴェルディ作曲《マクベス》を実際に聴く機会を得、原作のシェイクスピアに改めて向かい合ったこともあり、書店で見かけた際に購入。

 ティーンエイジャーからの支持も高い作家、あさのあつこさんが中学生達に『マクベス』について特別授業を行う内容。
 あさのさんが『マクベス』について若い読者とやり取りする中で投げかける言葉は、分かりやすい、ごくシンプルな、だからこそ心の奥底にまで届く力強い言葉の連続。
 題材は『マクベス』ではなくともよかったのだと思う。若い世代へ『マクベス』を媒介としたメッセージー本が持つ無限大の力を、生き延びていくために活かしてほしい、という願いが伝わってきた。

 大事なのは、一人ひとりの受け取る印象が異なることが「当たり前」ということ。特に『マクベス』は受け取る側それぞれで違った「貌」を持つところが、この作品の凄みだと。
 これは本だけではなく、音楽も絵画も名作といわれるもの全てに当てはまる。様々な解釈(見方)を可能とする作品こそ、奥が深いのだと思う。
 そして、「私とあなたは感じることが違う」ことを認識し合うことで、世界も広がっていく。自分だけの考えに囚われず、他者を受け入れて共に進む柔軟性を大事にしたい。

 私にとって響いたメッセージをメモ。
 「自分の胸のうちにあるものや心の中にあるものを書こうと思ったときに、何が一番大事になってくるかーそれは感覚、五感なんですね。…自分が感じたことをしっかり溜め込むことが必要なのです。…つまらないと思ったこと自体が、自分の五感が働いた証なのです。…書くことは自分に向き合う作業なのですね」

# by marupuri23 | 2019-06-12 21:07 | | Comments(0)
e0036980_22404541.jpg
 先日、目白の関口カトリック教会でのオルガン・リサイタルを聴いた後に、友人らと立ち寄ったフラムクーヘン専門店。
 聴いたのがバッハなので、ドイツ繋がり。このラドラー、本当に美味しい。アルコールに弱い私でも、グビグビといけて安心。
e0036980_23044924.jpg
 こちらフラムクーヘン。サワークリームと玉ねぎ、ベーコンの組み合わせで爽やかな口当たり。サクサクッっと香ばしくて、ラドラーが進む。
e0036980_23080211.jpg
 ベルリンを想い出す、懐かしのカリーヴルスト。カレーの香りが食欲をそそる、ビールにぴったり。
 元祖カリーヴルストはこんな上品な感じではなかった。ベルリンではカリーヴルスト3店(!)ぐらい食べ歩きをした記憶が…。後、行列のできるケバブ屋とか。この話題はまた次回に。

e0036980_21094037.jpg
 2年振りとなるセンペの公演へ(前回はアンタイと一緒の2台チェンバロによるラモー)。
 プログラムはカルト・ブランシュ=白紙ということで、センペが自由に選び、こちらは実際に聴くまで何が演奏されるのか分からないまま。これもラ・フォル・ジュルネならではの粋な計らい。先入観を持たずに音楽と向き合える感覚がいい。

 演奏が始まると、弾かれているものがフランスのバロックであるということはすぐに伝わってくる。ドイツでもイタリアでもイギリスでもない、クラシック音楽の中で「フランス的」なものを一番感じさせてくれるのが、この時代の音楽だなといつも思う。フランス語の感覚をそのまま音楽に移し替えたよう…、典雅、優美という感覚を音楽にしたら、きっとこうなる。
 音自体は重い印象、ジャーマンの音という感じで、装飾音も重厚な、落ち着きのあるフレンチ・バロック・プログラムだった。これはアンコールを含めルイ・クープラン、ダングルベール、そしてフローベルガーによる「トンボ―」(追悼曲)が演奏されたことにもよるのだろう。「トンボ―」はバロックにおけるフランスの独特の分野で、楽器との相性もぴったり。これにはセンペのプログラム構成のセンスに感心。

 ダングルベールはルセのCDを持っていて、自分でも10年ほど前にメヌエットをピアノで弾いた。フランスものは装飾音が命なので、大変だった記憶がある。ピアノではやはり厳しいなと。メロディーというより装飾音のニュアンスで聴かせるので、雰囲気を出すのが本当に難しい…。これはフランスのバロック・オペラにも共通する事項で、歌い手さんが見事に装飾音を入れているのにうっとりするのだが、やはり随所に入れるという様式感に腰が抜ける。イタリア・バロックでのカストラートの技巧とは別物だ。

 そしてルイ・クープランのシャコンヌとパッサカリアに気分が高揚、永遠に続くかのような命の拍動があり、バッハのパッサカリアと同じだ。螺旋状に上昇するエネルギーを感じる。
 舞曲は安定したリズムを伴う―「リズムをずっと持続させるということは、本来ものすごくエネルギーを感じさせて、人間の意識を高揚、覚醒させることです。体内エネルギーを高めて、変な薬をやるよりもそれだけでいい気持ちになれるのです。…放っておいたらリズムは崩れていくはずなのです。それをすごいエネルギーで、大きい音で、グルーブするリズムでずーっとやっているということは、それ自体がものすごくエントロピーに抵抗しているのです。…それは音楽の本質で、エントロピーに抵抗しているということは、まさに生物が生きるということであり、時間を作り出しているということです。リズムというのはその象徴なのです」(『音楽と数学の交差』著者:桜井進×坂口博樹より)

e0036980_21552606.jpg
 イタリアの女優ヴァレリア・ゴリーノが監督として撮った2作目の作品。ちょうど先月、彼女の主演した《エマの瞳》(ソルディーノ監督)を観たばかり。視覚障がい者の女性を凛々しく演じていたのが記憶に新しいが、監督としての才能も評価されているそうで(カンヌ映画祭のある視点部門に選出)この機会に鑑賞。

 物語の舞台はローマ。主人公マッテオは有能なビジネスマンで、優雅な独身貴族(ゲイ)として友人達と享楽的な余暇を楽しむ日々だが、教師の兄が病に倒れ、僅かな命であるという連絡が入る。人生の方向性がまるで違うゆえ疎遠になっていた兄弟だが、家族として兄を救おうとするマッテオの気持ちに、兄エットレも次第に態度を軟化させていく。そこにエットレの家族(妻と子供)と愛人も絡んで…という人間ドラマ。

 印象としては、フランソワーズ・サガンの小説のよう。私がサガンのファンなので、そうイメージしてしまうのだろうが、監督の「中心となるテーマは愛されること、愛の力だ」という言葉にも共通点が感じられるなぁと。サガンは「自分の知らないことは書くことができない」と、つまり知っていることを語ると述べていたかと思うが、この映画からは女優としてキャリアを築いてきたゴリーノのセンスと経験が伝わってくる。何より映像自体がシャープで、洗練されている。独特のセンスというよりも、バランスが取れていてお洒落、マッテオの住むペントハウス(独身なのに凄い広さ)は、最先端のイタリアンモダンなインテリアで仰天レベル。これだけでも一見の価値あり…。
 
 愛の形は様々で、家族に対するそれは特に複雑なものである。相手のために尽くそうとしていても、それは自分を救うためだったりもする。憐憫ではなくて相手を思いやることの難しさ、想いを汲み取ることの大切さが伝わってくる映画だった。

e0036980_23125586.jpg
 今年のラ・フォル・ジュルネはスキップ・センペのクラヴサン演奏によるフランス・バロックに始まり、ミシェル・ダルベルト(ピアノ)&オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)&モディリアーニ弦楽四重奏団によるショーソンのコンセールに終わった、計6公演。
 室内楽&古楽好きにとっては、3日でこれだけまとめて聴けることができたのが嬉しい。
 私的ヒットは別所哲也の語り&アンサンブル・マスクによる《グランド・ツアー:ヨーロッパをめぐる旅》。エンタメ精神満載でとても楽しかった。

 会場で出会った知人(彼女は1日3公演ずつ聴いたとか)によると、ディーヴァ・オペラによるモーツァルトのオペラ《後宮からの逃走》が凄くよかったそう。普段オペラは観ない彼女だが、今回は衣装や振付がしっかりしていて、容易に物語の内容をつかめたとか(もちろん演奏もよかったと)。
 オペラ好きとしては来年も是非、と思ったが、テーマはベートーヴェンだそうで…(となると《フィデリオ》しかない)。ベートーヴェンならピアノ曲や弦楽四重奏など室内楽メインで聴きたい。やっぱり好みが偏ってしまうが、来年も楽しみ。

 ともかく、来年も開催されるとのことで一安心。聴きに行く、行かないは別として、こうした催しは長く続いてほしいと願っている。

e0036980_22100162.jpg
 カンヌ映画祭で評価の高かった作品とのことで鑑賞へ(パルムドールは是枝監督の《万引き家族》)。主演はイタリアでは知らぬ人などないという、すでに国民的女優といえるアルバ・ロルヴァケル(妹は話題の映画監督アリーチェ・ロルヴァケル)。これまで彼女の少女時代からの出演作をいくつか観ているが、もう大人な年なのね。いつまでも少女のような雰囲気のアルバ(可愛い)。

 監督はジャンニ・ザナージ(1965年、ヴィニョーラ生まれ)。この監督の作品を観るのは初めて。
 原題《Troppa grazia》は過度の恩寵、多すぎる恵みともいえるのだろうか。アルバ演じる主人公ルチアはシングルマザーで測量技師として奮闘中。その彼女の前に「神の母」が現れて、教会を建てるようにお告げを述べるのだが、ルチアは戸惑うばかり。それも当然、現代においてそんなことが起こるなんて、誰が想像しえようか。このルチアの反応がコミカルで楽しい。
 ルチアの住んでいる街は田園の広がる、自然豊かな地域。そんな田舎にも、大規模なショッピングセンターが建設されることになり、ルチアはその土地の測量をしているのだ。建設によって利権を得、近代化を図ろうとする有力者たちの思惑もあり、時代の波は否応なく迫ってくる。イタリアにも日本と同じく、郊外に大規模なショッピングセンターがあるのは今や当たり前の光景となっているのだろう。それによって失われていくものへも目を向ける視点が、他人事ではない事柄として身に沁みるなと。ラストもよかった。

 しかし、昨日も洗礼者ヨハネとサロメ等々の聖書オペラ鑑賞、そしてまた今日の映画も神の母が登場、これから観る予定の映画も神様関係がズラズラと続く感じ…。