人気ブログランキング |
e0036980_19344054.jpg
パリ・ノートルダム大聖堂の楽長カンプラによるオペラ=バレ
1697年パレ・ロワイヤルで初演
指揮はマラン・マレ、演奏にはダングルベールが参加
 
 先日のコンサートでの予習として全曲盤を。2017年にヴェルサイユで録音されたもの。リュリとラモーの間の世代となるカンプラの作品を、こうした最新の演奏で聴けるのは喜び。
 指揮のデランはクラヴサン奏者。自身の古楽器オーケストラであるこのレ・ヌーヴォー・キャラクテールを立ち上げるまで、錚々たるチェンバロ奏者の薫陶を受けており、それもさもありなん、と納得の鮮やかな演奏。彼の持ち味なのだろうか、切れ味の鋭い、爽快感のあるスタイルだ。
 
 またCDジャケットがブーシェ『美の女神の勝利』で、内容とマッチしているのがいい(ブーシェはカンプラより一世代ほど後)。プロローグでは、美の女神と不和の女神がお互いの優位について言い争うのだが、最後はもちろん美の女神=愛の神の勝利と決まっている。
 プロローグの最後に、皆に疑念や恐怖を蔓延させようとする不和の女神に向かって、美の女神が「アモール(愛の神)がフランスを支配するのをみるがよい」と宣言。そしてまた序曲が繰り返され(当時はこの間に急いで舞台転換)、本題に入っていくというお馴染みパターンが最高。このバロックオペラに付きもののプロローグが大好きだ。これがカットされていると、がっかり…。

 本題=優雅なヨーロッパなので、舞台はフランス、スペイン、イタリア(ヴェネツィア)、そしてトルコ。それぞれ4か国の恋愛模様がお国柄を反映した音楽&台本で描かれていく。フランスでは羊飼いのカップルという、いかにもこの時代の牧歌劇らしさ。エレガント極まりない。スペインは情念の籠もった重々しいセレナーデと情熱的なバレ。イタリアのヴェネツィアでは、劇場に仮面&仮装で登場するのはお約束、カーニバル的で軽やかなお祭り音楽。トルコはハーレム&行進曲(モーツァルトのトルコ行進曲にも通じるような)、最後は皇帝の偉大さを讃える。
 ラモー《優雅なインドの国々》に、このスタイルが踏襲されているし、お国柄さまざまという点では、ゴルドーニの『抜け目のない未亡人』(求婚者がイギリス、フランス、スペイン、イタリア人)と共通する部分が想い起されて楽しい。

 時代を経ても、お国柄のイメージがあまり変化しておらず、音楽にも反映されているのが、本当に楽しい。最後は不和の女神が逃げ出して幕。
 モンテヴェルディのオペラでも、美徳や幸運の女神ですら幼子の姿であるアモーレに屈するのだから、まあ無敵である。

by marupuri23 | 2019-06-27 22:02 | CD | Comments(0)
e0036980_21430454.jpg
ヴェルサイユ宮殿旧王室礼拝堂の響きで聴くカヴァッリのミサ曲
 ルイ14世の胸像はバロックの巨匠、ベルリーニによるもの

 ヴェネツィアで活躍したカヴァッリの『聖曲集(Musiche Sacre』(メディチ家のジョヴァンニ・カルロ枢機卿に献呈)を中心とした編曲アルバムを。
 1659年に成立したピレネー条約を祝って、ヴェネツィアでもスペタクル盛り沢山の大々的な祭典が催された。教会でも感謝のミサが捧げられ、それがカヴァッリによるものだそう。

 「…音楽は荘厳なる盛儀にかなったもので、二つの異なる聖歌隊がそれぞれ壇上と移動演壇の上に陣取り、実に30パートにものぼる編成の音楽を、サン・マルコ聖堂の聖歌隊員から招かれた最上級の隊員及び高名なる演奏家たちが一堂に会して奏でたのだった。…指揮をとったのはカヴァッリ氏、その技芸(=音楽)に関してはイタリア最上級の存在である…」(CD解説より)

 演奏はバンジャマン・シェニエ指揮によるガリレオ・コンソート、これが見事な演奏で驚き。
 もともとカヴァッリの教会音楽は残されているものが少なく、それでもいくつか聴いてきたが今一つの感。というのは、彼のオペラで繰り広げられている音楽との乖離がありすぎるのと、演奏のスタイルが「え…、これカヴァッリなの…」と。
 だが、昨年収録されたこのアルバムを聴いて、これはまさにカヴァッリだと。教会音楽においても、いい演奏が聴ける時代になったのだと嬉しかった。

 ファンファーレに始まりトッカータ、そして《Kyrie(キリエ)》の出だしがオペラのプロローグ開始とそっくり。
 それに続く《Gloria(グローリア) 》—これは15分近くもある聴かせどころだが、カヴァッリの特徴でもある柔らかで陶酔的な―信じられないほど美しい—恍惚感に満ちて、これは危険…。『Sacra Corona(聖なる冠)』からの《O Bone Jesu (おお善きイエスさま)》のしっとりとした抒情性にも溜息。
 祝祭ということで、金管楽器の響きが艶やか、通常文に付け加えられた固有文のミサ曲の華やかなこと。最期の《Laudate Jerusalem Dominum(讃えよイェルサレムよ)》も高らかな響きで盛り上がる。
 
 オペラと教会音楽…、音楽の目的は違うが、音楽そのものの方向性には違いがない。
 聖と俗が一緒くたに昇華されているのが、ヴェネツィアらしい。これは美術においても共通する部分があるのではないかと思う。


by marupuri23 | 2019-03-26 07:23 | CD | Comments(0)
e0036980_23253543.jpg
 聴かなくてはと思っている音楽作品は多いけれど、集中する時間がなかなか取れないため、今年の聴き始めはBGM感覚でチョイス。すでに聴いているものだが、こちらを選んだのは、大好きなターナーの作品が表紙になっているから。
 このターナーによる《奴隷船》は奴隷虐殺事件を描いたものであろうとのことだが、そうした解説がないと内容を読み取るのは難しいかも。太陽に照らされる様々な光の色合いは、色彩の魔術師とも呼びたいような幻想感に溢れている。
 ジョルディ・サヴァールによるレーベルは、どれも凝った造りで目を楽しませてくれるが、もちろん演奏も素晴らしい。このアンサンブルが持つ独特のギャラントさは、バロック音楽にうってつけ。特にフランス・バロックでは力強い野性味までも感じさせてくれるのが嬉しい。当時(太陽王ルイ14世の時世など)はきっと、こんな雰囲気だったろうというリアルな肌触りがある。
 こちらのCDでは、特にテレマン《水上の音楽、ハンブルクの潮の満干》が気に入った。フランス風序曲に始まり、サラバンド、ブーレーと続く組曲。こうした華麗なテレマン、もっと聴きたいなぁ。

by marupuri23 | 2018-01-03 00:11 | CD | Comments(0)
e0036980_21324544.jpg
 夏本番のこんな暑い季節には、南イタリアを感じさせる熱い音楽を。
 ドイツのテノール、カウフマンによるイタリア歌曲集は、ナポリ民謡からイタリアン・ポップスまでと幅の広いもので、《帰れソレントへ》《カタリィ、カタリィ》等の曲からは、誰もが思い浮かべる「これぞ、イタリア」な雰囲気を味わうことができる。
 オーケストラはシチリアのパレルモ・マッシモ劇場管弦楽団、これが思わず笑ってしまうほどのコテコテのイタリア節とでもいおうか、歌謡ショー的な劇的演奏で凄いなぁと。肩の力を抜いて、ショー鑑賞気分で楽しませてもらった。
 カウフマンは明るく抜けるような声ではないけれど、ダークな声質を生かした情熱的な歌いっぷりで、曲の盛り上げ方が上手く、嵌まっている感じ。

 収録曲では《Il Canto》が素敵だった。2003年にパヴァロッティのアルバムのために書き下ろされたもの。《タイム・トゥ・セイ・グッバイ》と雰囲気が似ていて、切なさと新たな旅立ちを併せ持っているところがいい。
 この曲の最後、Vieni,vieni via con me!のフレーズを、こんな感じで歌われたら(答えはもちろんSi!Certo!いえ、この方のファンではないのですが...)クラクラしてしまうかも…。

by marupuri23 | 2017-07-19 22:37 | CD | Comments(0)
e0036980_22105447.jpg
 マックス・リヒターが英国ロイヤルバレエの新作《ウルフ・ワークス》のために作曲したもの。
 ヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』『オーランドー』『波』をモチーフとし、小説ごとに曲が分かれている三部構成。

 私はウルフ『ダロウェイ夫人』には、それはもう心を強く揺さぶられて、感涙したほど(大好きだ)。書法としてはプルーストに似ているが、もっと繊細な表現で抒情豊か。女性ならではの息遣いが感じられるのが、また素晴らしく、想い出すと胸がまた熱くなってしまう。
 『オーランドー』は16世紀から生き続ける、男性から女性へと変化したオーランドーが主人公。設定がSFっぽくもあるので、近未来的なイメージが浮かぶリヒターの作風と小説とのコラボが最も嵌まっていた。主題は変容ということで、曲も《ラ・フォリア》(狂気を意味する)による変奏曲。想い浮かぶのはバロック時代の有名なコレッリ版だが、これがリヒターにかかると最新電子音楽による変奏曲へ。ヴィヴァルディの時もそうだけれど、こうしたアレンジは上手いなぁ。
 英国ロイヤルバレエの公演もライブビューイングで観たけれど、ウェイン・マクレガーのモダンな振付とぴったりで、凄い迫力。『オーランドー』映画版のDVDも(公開されたのは20年ほど前になるかと、昔映画館で観たのだった....)。
 『波』はウルフの自死を濃厚に予感させる曲となっており、波を感じさせる音の流れが不安を増幅させ、緊張感を高めていく。「再び自分が狂っていくのがわかります」というウルフの言葉。波が自分という存在を根底からさらっていくようで、ただ悲しい。

 ウルフを翻訳するのは、骨の折れる大仕事だと思うが、良さの伝わるいい訳で読みたいなぁと。最近出た『船出』も読みたいけれど、なかなか時間が取れないのが、困ったもの。

by marupuri23 | 2017-06-20 23:02 | CD | Comments(0)

e0036980_22534821.jpg
 Sospiri d'Amore~愛のため息~とは、いかにもカヴァッリにふさわしいタイトルだ。
 カヴァッリの甘美な旋律を存分に味わえそうな、ヴェネシアーナ(古楽アンサンブル)の新譜。届くのが楽しみ。CD紹介の映像があり、収録1曲目の"O luci belle”の抜粋を聴いたが、これも心のひだに溶け入るような甘やかさ。カヴァッリによるデュエットも本当に素敵…。指揮のカヴィーナが、もううっとりと音楽に囚われている様子なのが微笑ましい(分かる~)。



 アラルコン指揮のカヴァッリと比べると、器楽アンサンブルはあっさり。アラルコンとは収録曲が被っていないようなので好し。
 ヴェネシアーナは実際に聴いたことがあるのだが(目白バ・ロック音楽祭にて、随分前だ…)、この時の演奏は強烈だった。あのモンテヴェルディ!カヴァッリ・プログラムで来日していただけると嬉しい…。
by marupuri23 | 2016-07-11 23:18 | CD | Comments(0)