e0036980_21475670.jpg
 宝塚大劇場にて《エリザベート》鑑賞のため、前日に宝塚入り。伊丹空港から30分の距離なので飛行機を利用したが、やっぱり楽だなぁと。宿については有馬温泉も考えたけれど、海外で鑑賞する場合と同じく、劇場近くに泊まる(ホテル若水)ことにした。
 部屋の大きな窓から武庫川を挟み劇場が見えて、気分が盛り上がる。
e0036980_21571550.jpg
 いわゆる「旅館」に泊まり、お部屋で夕食をいただくのは久し振り。今回は親孝行ということで、母と一緒。宝塚歌劇はもちろん、宿でのひと時も楽しんでくれたようで良かった。街歩きや温泉も満喫。
e0036980_22043267.jpg

[PR]
e0036980_21273581.jpg
 人生2度目の大阪へ。母と共にフェスティバルホールでロッシーニ《チェネレントラ》を鑑賞。
 母も私も初めてのフェスティバルホール。5周年を迎えたばかりとのことで、まだ初々しさが感じられる。色調は温かみがあって落ち着いた雰囲気。照明も幻想的で素敵だ。
 今回はこの《チェネレントラ》を聴くために大阪へ来た。ちょうど「母の日チケット」という母子セット券があり、「今年の母の日はこれでいこう!」と。毎年、花を贈っているが今回はオペラ鑑賞というわけである。
e0036980_21274964.jpg
 ビュッフェ券が特典として付いている。母は鮮やかな「ロッシーニ」カクテルを。ストロベリーの香りが華やかで、ロッシーニの雰囲気にぴったり。私はアルコールダメなのでジンジャーエール。
 しかし、音楽鑑賞のための遠征(国内)は久し振り。びわ湖ホールの《死の都》以来だ。
 ロッシーニのオペラも何年振りだろう。東京文化会館で《ランスへの旅》を聴いたのが最後だったかな、と記憶を手繰り寄せる。
 今回は東京では聴けないので大阪まで来たのだけれど、プチ旅行も楽しめて一石二鳥。大阪、凄く良かった。また来たいな。

[PR]
e0036980_22275707.jpg
 先週の休日に、いつもお世話になっている知人宅(秩父方面)へ同僚たちとお出かけ。快晴(猛暑ともいう…)の中、川辺でバーベキュー&ブルーベリー狩り。ちょこっと山にも登ったりして、久し振りに自然を満喫してリフレッシュ!自然遊びは最高♪
 バーベキューのナスも万願寺も自家製のもので、瑞々しい夏野菜たち。美味しくないわけがない。
 
e0036980_22290071.jpg
 ああ、小さい頃を思い出すなぁ。
 私は都会っ子だけど、小さい頃にはお盆の頃になると、父の故郷へ毎年のように訪れていた。奥深い山々に囲まれた、あれこそ本当に「日本の田舎」。毎日のように田んぼのあぜ道を通り近くの川まで行って泳いで、おやつには畑で採れたトウモロコシを食べて、川魚も美味しくって…。夜になると大人も子供も盆踊りだ。盆踊りは地方によって様々だが、父の所もまた独特の節回しで、方言もあって意味はさっぱり分からなかったが...。そうした記憶が強く残っているからだろうか、自然に囲まれるともう嬉しくて!特に山が好き。
e0036980_22283719.jpg

 もちろんブルーベリーも一つ一つ手で収穫。農薬ゼロ。大事に持ち帰って、朝食にヨーグルトと一緒にもぐもぐ。ああ、幸せ。
 在住の知人夫婦は退職後に都会から移り住んだのだが、憧れの「田舎暮らし」も、外から見るのと実際とは全然違くてね、とのこと。それなりの苦労があることはよく分かるが、こうして田舎暮らしを気前よくお裾分けしていただけると、本当にありがたい。感謝。

[PR]
e0036980_2282798.jpg
                         KONZERTHAUS BERLIN にて

フォルクスワーゲン問題と移民殺到に揺れるドイツでの休暇を終え、昨日帰国。久し振りの一人旅(夫はお留守番…)、体調も良く(最近は旅行前に体調を崩すことが多い…)、予定通りコンサートを含めた観光等を楽しむことができた。

忘れないうちに記事にしたいが、今日からまた仕事中心の日々が続きそうで、時差ボケなどしている暇もない感じ…。
[PR]
e0036980_234512.jpg
そう、春は必ず巡ってきます。
母と板橋ナンバー1の桜の名所、石神井川へ。
春の嵐となり、全身に桜吹雪を浴びることになってしまいました。
e0036980_2373039.jpg

[PR]
e0036980_22354535.jpg
桜が満開の季節。こんなときですが、やはり桜が見たいのです。
相方の提案で埼玉県幸手の権現堂へ。
菜の花と桜のコラボレーションが見事な名所。菜の花はもちろん、桜も立派で素晴しかったです。
綺麗なものに触れると、活力が沸いてきます。
まず、自分が元気であることが大事。自分を元気にしてあげましょう。
e0036980_22415235.jpg

e0036980_22454943.jpg

[PR]
e0036980_2213717.jpg
飯能にお住まいの元同僚のお宅へ、泊りがけで遊びに行ってきました。
都会では味わうことのできない、晩秋の里山を満喫。

私の車に同僚3名を乗せて飯能へ出発。
車を走らせていると、高いコンクリートの建造物の変わりに、段々と山々が姿を現し、緑が増えていきます。
風景の変化に、心が柔らかくほぐされていきます。

ドライブだけでもリフレッシュできた旅は、初めて。
女性ばかりなので、途中でハーブガーデン、マクロビのカフェ、美味しい豆腐屋さんなどあちこち寄り道をして、元同僚のお宅に到着。
一息ついてから、近くのケーキ屋さんへ。そして温泉に浸かり、皆で「幸せ~」。
夜はキリタンポ鍋パーティ、秋田産キリタンポはもちろん、比内鳥スープに根っこつきのセリが最高。

2日目は「飯能エコツアー」なるものに参加。
盛りだくさんの内容で、良い体験をさせていただきました。
こんにゃく、初めて手作りしました…。
ゆず狩りも初めてで新鮮。自然の中での体験は久し振りで、ご無沙汰中の山行への想いが、再びふつふつと沸いてきたのでした。
[PR]
e0036980_2310335.jpg
午前に参議院投票を済ませ、午後から東大駒場キャンパスへ。
とあるシンポジウムで父が講演を行なうので、母と妹と連れ立って出かけました。

e0036980_2340794.jpg本郷キャンパスほどではありませんが、ここにも歴史的建造物があります。時計台を持つ一号館は登録文化財指定。
内田祥三の設計で、関東大震災後に、東大と一高が一体感を持ちうるよう工夫したとのこと。
こうした建築物が点在するキャンパス内は、緑豊かな環境で、しっとりとした落ち着きがあります。
見るからに近代的な設計の総合センターもあり、街中でよく見かけるチェーンの喫茶店が入っていました。中に入ると、とても静か。机にテキスト等を広げて勉強している若者多数。
なんとインテリジェンスな雰囲気…。

e0036980_2344411.jpg父の講演を聴いた後は、渋谷エクセルホテル東急でお茶。
3人それぞれが異なるオリジナルハーブティーを選び、私は「マンゴーチリ」を。
ルイボスティーにマンゴーをブレンドしたもので、スパイスのアクセントが効いていて美味。
妹の飲んだ「ミンティラベンター」がとても爽やかでした。
自宅用に購入できるので、またの機会に。
[PR]