e0036980_21340133.jpg
皇居乾通りの乾濠脇にて

 待ちわびた春の到来、今年は何処の桜見物へ行こうかと思いを巡らせる。
 近所でも、通勤途中でも、十分に咲き誇る桜を味わえるのに、桜の便りが届くと「(何処かに)見に行かなくては」と、毎年思ってしまう。時間を設けることで、「観た」という実感を抱けるからだろうか。このつかの間の春の華やかさは、短いがゆえに、少し切ない。
e0036980_21284401.jpg
 
e0036980_21280350.jpg
 こうした古風で、はんなりとした薄桃色の桜がエレガント。
「見わたせば、柳桜をこきまぜて、都は春の錦、燦爛たり…」とは西行桜から(「古今集」春からの引用)。
e0036980_21272110.jpg
 人も沢山!「群れつつ人の来るのみぞ あたら桜の、咎にはありける」という詞章がいつも浮かんでしまう。この風景は今も昔も変わらない。

[PR]